SUPERFEELing LIV3☆5/24名古屋クラブクアトロレポ

SOUL'd OUTの時間が止まってしまい、今頃になって色々思い出したくなりました
初めての記事が、SOUL'd OUT初ライブ参戦についてです
もう2年以上前のことなのに今更レポって…(笑)
どう考えても書けるわけないので”レポではなくただの感想”です
まず基本事項
SOUL'd OUT LIVE2012"SUPERFEELing LIV3"
2012年5月24日(木) 18:30開場 19:00開演 名古屋クラブクアトロ

アクセス→名古屋市営地下鉄名城線「栄駅」からは徒歩約15分
その次の駅、「矢場町駅」は地上に出るとすぐパルコです
名古屋クラブクアトロはパルコ東館8Fにあります
パルコは西館と南館も存在するので間違えないように<間違えるのは自分だけ
東館と西館は連絡通路で繋がっています

SOUL'd OUT初ライブです
どうしても行きたかったわけではなく、色んな要因が重なって行くことにした…という感じです
とりあえず階段で8階のクアトロまで行ってみます
かなり疲弊します。エレベーターももちろんあるので、そちらをお勧めします
今まで大規模なライブばかり行っていたので、スタッフの少なさと当日券の存在を知らせる看板(?)に軽く衝撃を受ける

クアトロは開場時間よりも前(ギリギリとかじゃ駄目でしょう)だったら確か会場内のロッカーに荷物を預けることが出来ます
あとは、開場後フロアに行く途中にロッカースペースがあるので、急いで使用するかですね
ちなみに私はSOUL'd OUT単独ライブの最初の3回だけバッグ持参でした
1度でもバッグ無を体験してしまうと、その後はバッグ持ってフロアに入ることはありませんでした
少しでも身軽なほうがより楽しめます

開場10分前になったので階段の列に列びました
私のチケットはA150〜300の間でした。<ザックリ
開場時間きっかりに開場開始、というわけにはいかず少し押しましたね
番号が呼ばれ始めたようです
Aのチケット番号が若い順に段々と入場していきます
ギリギリまで列ばないひとも結構いて、上に上がる度に「何番ですか?」と訊かれまくる

で、いよいよ開場。ドリンク代は¥500
ロッカーやドリンクカウンターに脇目もふらず、とりあえず前のほうに行く
マイクスタンド近い…!あり得ないほど近いと思った
私はShinnosukeさん側の前から8列目ぐらいでした
青いライトがステージを照らしていました
たしか戦天ツアーの同会場もブルーライトだったような気がします
燦々と、ではなくあくまでお洒落な感じです
例えて言うならば…月光が邪魔したりして。って感じの光です
ライブハウス自体が初めてだったので、ちょっとした異空間に感じました

少し押して開演です
客から見て左側がShinnosukeさん、右側がTeddy
服装はDiggyが黒シャツにブルージーンズ、Teddyが上下黒だったってことしか覚えてない。。
1曲目はUnIsong.これは忘れません
以前聴かせてもらっていた配信だと、ぴゅみゅわっ♪って何やら軽い感じだなあと思っていたのですが、ライブで聴くと重厚でした!
公演全体を通してですが、Hiさんはあまり見えませんでした…
UnIsongでもHiパートでようやくちらっと見えた程度…

そういえば。解散ライブの1曲目もUnIsongでしたね
行き始めてからは毎回やってくれてましたし、本編終盤やアンコールにも配置されましたが。
やっぱりこの曲は、序曲ですよね
イントロ聴く度に、何かが走り出す感じです
(高揚感とか焦燥感とか、ですかね)

(その後、TANKやってくれたらしいけど曲知らなかったし記憶にない<最悪)

で、円卓の騎士か"P”に続きます
円卓の騎士は聴いたことありました
初期の曲を今歌っても案外違和感ありませんでした
”P”はこのとき初めて聴きました
私には歌詞なんて聞き取れるはずもなくHookのメロディーだけ印象的だったので覚えました
もっと”P”を沢山ライブで聴きたかったですよ…こんなに好きな曲になるなんてこの時は思いもしなかったです
せめてSUPERFEEL 1Tの映像が観たい、お願いします…

どこでだったかは忘れたけど、少しメンバー喋ったりもしました
あくまでニュアンスですが。
D「今日ツアーラストなんだよ。クラブクアトロって何処だよみたいな」
HiさんとShinnosukeさんに向かって「軽くシカトしてんじゃねえよwww」

そしてS.O Magic 2かSHUFFLE DAYZ Pt.2へと続きます
2曲とも初聴きでした
こんな状態なのでセトリは全くあてにならないです
S.O Magic 2はCruとの掛け合いが凄かったです
なんていうか…付き合いで来てるひとが誰もいないんじゃないかと本気で思いました
みんなSOUL'd OUTの楽曲が好きで好きで仕方ないからここにいる、そう感じました
SOUL'd OUT自体というよりはCruに感銘を受けたという感じですw
まあ比べるのもアレですがB'zライブではイントロ始まって暫く経っても、曲勘違いして歓声あげてるファンも結構いますし。
規模も違うので仕方ないのですが。
とにかくS.O Cruはとてつもなく凄い!と思いました

輪舞曲です
数回聴いたことがあり、ここにきて初めてHookだけ歌えました
誤魔化すNervousからのDiggyさんは、今でもなんとなく覚えています

瞬間分かりましたイルカ!!
やってくれるとは思ってなかったです

そしてMEGALOPOLIS PATROL!!ライトは赤でした
メガポリといえば赤!というイメージが擦り込まれたのはきっとこの時が原因かも。。
音源もカッコイイけど、ライブ映えする曲ですね〜

そしてALIVEもしくはSingin' My Lu
ALIVE<やってくれたことしか覚えてない
Singin' My Lu<新曲でしたね。あー…Diggyさん歌っちゃってる…って思ってました

D「ハヤいのいくぜ!」でVELVET ROMANCEです
SUPERFEELのカップリング曲で聴いたことがあることさえすっかり忘れてました
当時は復活後の曲はどうせ好きになれないから、とちゃんと聴こうともしてませんでした
Hookも忘れられず…なんなんだこのめちゃくちゃカッコイイ曲はーー!!って暫く思ってました
てっきり初期の曲かとも思いましたが…「SUPERFEELのカップリングじゃん…」と教えてもらいました
こんなにカッコイイ曲がいつでも聴ける環境にあったのに、それに気付かないなんて馬鹿でしたorz
VELVET ROMANCEはライブで魅力が増す曲の代表格ですね
だから、SUPERFEEL 1Tの映像を(ry

多分この辺りでSee You @Tha HOT SPOTです。きましたHOT SPOT!
好きでLIVE DVDでも何回も観てました
意外でした、まさかやってくれるとは…。
さすがにCruの声も小さく感じたのか、Diggyさん「大丈夫、思い出すから」って言ってたw

UNIZONという新曲(IMAの原型らしいですね)・バナナスプリット・BLUES…もう順番なんてものは全く記憶になく。
GAME<初聴き
SUPERFEEL
怒涛のCOZMIC TRAVEL.ジャンプしまくりでした
そしてTONGUE TE TONGUE!!
拳上げですね、この曲はフロアも雰囲気変わりますね

To All Tha Dreamers・Starlight Destiny
知っている曲が続いて嬉しいのなんの…。
本編終了

いつの時かはもう忘れたんですが。
*「もっと声出せよ!」←最高
*「なんだってー?!」←これよく言う
*「聞こえねえよ!」…からの流れで「サンキュー」

Diggyさん、ほぼ中身が減っていないペットボトルを、蓋を開けたままでフロアに放り投げてました。。
中身の水が、私のショルダーバッグに思いっきりかかりバッグはびしょびしょでした
途中でなかの財布やら携帯やらが気になって…wちょっと集中出来なくなったり。
しかも一度ならず二度までも。。いいんです、バッグなんて肩にかけてた私が悪いんです…orz

アンコール待ち
ハーレロハレロが定番だということを知る

アンコール。メンバー登場
フロアの後ろのほうでCru達が「東海支部」と書かれた垂れ幕持ってました
Shinnosukeさんが「とうかいしぶ」と読み上げてくれましたね
TOKYO通信です
電話の仕草しながら「名古屋通信」!
これ盛り上がりますね〜。
Hookの歌い方はCDや武道館LIVE DVDとは全然違いました
アレンジして歌ってます。またそれがカッコイイ!何倍もカッコイイです…
そしてこれも以外だったMagenta Magenta!
…あれ?武道館が終わったあと、Magenta Magentaは封印します。とかなんかで言ったとかチラっと聞いたけど気のせいだったのかも。
そしてFlyte Tyme!!アンコール思ったよりも長いwでも嬉しいw
Diggyさん、最初のほうで歌詞飛んでました
すかさずフォローして歌うCru!凄いw
笑って誤魔化すDiggyさん。
そして、Dream Driveもやってくれた!
スペシャルなセトリですね、今思うと…。
とりあえずフライトポテイト声でかっ。
気持ちいいぐらい揃ってます
間奏の手拍子もいい感じですねー、確かShinnosukeさんが分かりやすいようにやってくれたから、出来たんだった
この曲はあまり好きな曲ではなかったんですが、ライブで聴いて好きになりました!

ラストはFIRE RHYMERです<初聴き
Diggyがスタンドマイクの半分より下を両手で持って、スタンドマイクを客席の頭上へーー。
映像化されてるSUPERFEEL 1Tよりも客にマイク向けてる時間が大分長かったです
さすがカメラまわってない公演!
こういうライブが映像化されればいいのに…撮ってないからこその、今を楽しもうぜ!っていう雰囲気なのは分かってはいるんですが。
この、映像化を予定していない公演の映像程欲しくなる症状はその後のライブでも続くことになるのでした。。
その時だけの、儚い魅力があるんですねー。カメラ入っていない公演は。
メンバーの表情や歌も違いますよね…。DVD化された公演も好きですが。

皆ジャンプしてタオル振りまくる
タオル持ってないし曲知らなかったですが…とにかくラストだということは伝わってきたので、盛り上がっておきました
これからはもっと曲を勉強しなくては…と切に思ったのでした

曲が終わり、メンバーはびっくりする程あっさりといなくなる
Shinnosukeさんだけは笑顔で最前列の客に近づいて捌けていきました
ハイタッチやペットボトル投げもしてくれたかもしれません

終電(地下鉄の終電という意味でなく、乗り継ぎの電車・もしくは新幹線に乗る為のタイムリミットの地下鉄乗車時刻)が近付いていたのでドリンク引き換える間もなくダッシュで会場をあとにする
しかーし、昼間に何度も会場から駅までシュミレーションしたのも虚しく、パルコを出た途端に迷うのでした。。
たしかパルコの営業自体も終わっていて、昼間ビル内に入った入口とは違うとこから出るように誘導されたんです
外真っ暗だし終電ギリギリだしでパニック
私と同じような境遇のひとも数名いて、数人で迷ってるあいだに帰るのは絶望的になってしまいましたorz

帰れなくなるなんて予想もしてませんでしたが…もう帰れないものは仕方がないので「矢場町駅」近くのカラオケ店、utaparaKARAOKEに入店。
朝6時までのコースで¥1,500
昼前から食べてないことに気付いて、お腹が空いてオールナイトで歌えそうにないので唐揚げプレート¥550をオーダー。
唐揚げの力で朝まで歌いきる。履歴100曲全部SOUL'd OUTですね
歌いきるっていっても全然歌えてないですが。
全く知らない曲はとりあえずオケだけ流して歌詞見てるだけでも飽きなかったです
DiggyとHiさんのボキャブラリーの豊富さが凄いと思いました

そんなこんなで、初参戦が終わりました
このライブに行かなかったら、そのあとの公演にも行こうともしないままでSOUL'd OUTは解散してしまったかもしれません
解散を悲しむことすらしなかったでしょう
解散しても活動が続いても何も変わらずに、気に入った数曲だけを聴いていたでしょう、活動休止中の時そうだったように。
色んな偶然が重なってクアトロに行けたことに、感謝しています

ここまで読んでくれる方なんているのか疑問ですが、きっと数年後ひとりくらいは、いるかもしれないということで(笑)
気が向いたらまた書きます
☆追記
2つのブログを参考にさせていただきセットリストを書いてみました
黒字は私個人の思い込み率が高いです
なんとなくそれらしくなりましたが、多分真実は遠いところにあります
01.UnIsong
02.TANK
03.円卓の騎士
04."P"
05.S.O Magic2
06.輪舞曲

07.SHUFFLE DAYZ Pt.2
08.イルカ
09.MEGALOPOLIS PATROL
10.ALIVE
11.Singin'MyLu
12.VELVET ROMANCE
-HumanBeatBox-
13.SeeYou @ThaHOT SPOT
14.GAME
15.BLUES
16.SUPERFEEL
17.新曲UNIZON(IMAの原型?)
18.バナナスプリット
19.COZMIC TRAVEL 
20.TONGUE TE TONGUE
21.ToAllThaDreamers
22.StarlightDestiny

ここからアンコール
23.NAGOYA通信
24.MagentaMagenta
25.FlyteTyme
26.DreamDrive
27.FIRE RHYMER

読んでくれて有難うございました!





 

SUPERFEEL 1T☆6/22SHIBUYA-AXレポ

ご覧いただき有難うございます!
あまり意味のない”今更な振り返りレポ第2弾”です
2年以上経過してしまっているので、単なる感想を抜粋して書きます
全曲ではないけどDVD化もされてるので、詳しくはそちらを参照。
基本事項
SOUL'd OUT LIVE2012 "SUPERFEEL 1T"
2012年6月22日(金) 18:00開場 19:00開演
SHIBUYA-AX

えーと、渋谷に行ったのは6年ぶりくらいでした
前回は観光で行ったので(←観光って…)、目的を持って行ったのは初めてでした、もちろんライブも。
渋谷センター街(多分)のマックで、チキンとストロベリーシェイクでカロリー補給してからAXに向かう
AXは憧れの会場でもありました
名古屋公演が想像を超えて良かったので、どうしても1Tにも行きたくなってしまいました
チケットはA350〜500の間でした<ザックリ
Teddy側の前から10列目くらいでした。

開演です
客から見て左側がShinnosukeさん、右側がTeddy
Hiさんは多分左寄りだったと思う
フロントがDiggyで・・・・あっという間に距離が1/3くらいに縮まりました
開演までは10列目くらいって結構距離あるなあと思ってたのですが、近い!無理矢理近くなりました<つまり押されたんですね
横にあったバーが有り難かったです、あれがなかったらもうダメにダメに〜なってたかも。
以前サマソニで左右に大きく動くモッシュを経験してから恐怖症になっていて…でもS.Oのは、モッシュではないですよね?
押し合いへし合い、ですよね?

1曲目UnIsongでDiggyが胸ポケットに刺していた紅いバラを客席に軽く放る
歌詞のバラ撒くとかけてるんですよね?wと勝手に理解しようとする
アウトロの長めのピアノソロから…一節が始まった途端にどよめきと歓声が上がる
この流れは暫く忘れられない程すごいものでした
VOODOO KINGDOMです
初めて生で聴けて感激です
Tha world…Tha world… Tha world…Tha world is mine
JOJOの世界観と吸い付くようにマッチしています
ディオ目線なのがかっこ良過ぎる…DiggyもHiさんも。

TANKです
名古屋公演ではやってくれたことさえ覚えてないけど、AXでは印象的でした
Is tha Music helpin' ya hun?Is tha Music savin' tha world?と文字がステージ後ろに光って表示されてました
これを見て、ああ、DVD化してくれそうだな、と思ってました
なんの疑いもなく全曲収録だと思ってたんですけどね・・・・
とにかく良かったっていうだけで、もうどんなステージだったのか忘れてしまったので映像が観たいです
ATTITUDE公演のでもいいんですけど。<きっと良かったはず

どの箇所だったかは思い出せないけど、言わなくっていいこと言ってましたw
あくまでニュアンスですが。<映像化されなかったのが残念
D「本日はお足元の悪いなか、俺達なんか…俺達なんかの為に来ていただき(←ここで感謝の言葉が続くのかと思ったらとんでもなかったw)。皆さん金持ちで。セレブで。よっぽどヒマな方々なんですね」<言い放った直後に笑ってた
HiさんもしくはShinnosukeさん「褒めてるんだか貶してるんだかw」

このMCは凄く衝撃的だったんですが、以前の限定ライブでも似たようなこと言ってたみたいですね
もちろん嫌いじゃないです(笑
そう言えばShinnosukeさんも公演中に「お足元の悪いなか〜」って言ってましたねw

そして数曲飛ばして…ALIVEです
ここで会場がぐっとひとつになった気がしました
愛されている曲なのだなあと実感。
SOUL'd OUTの軌跡のなかでは重要な曲なんですね、
ファンベストの順位抜きにしても、解散ライブで必ずやってくれることを疑わなかったです
(あ〜えるだろう〜の1拍あとのShinnosukeさんが好きです)<1T DVD参照

数曲飛ばしてVELVET ROMANCEです
後先考えずにあがりました
確かあの1番盛り上がる間奏はピンクのライトで…。
自己を放棄して誰かに任せたくなるような…上手く言えないけどそのぐらいAXのVELVET ROMANCEは、ずば抜けていたと思います

どのタイミングか忘れたけどDiggyさんがTeddyに、ペットボトルの水をコップに注いであげてました
優しいとも思ったけど、なんだか怖くもありましたw

数曲飛ばしてTrue to myselfです
「俺達のファーストだぜー!」嬉しそうだった
…この約2年後に解散なんて。

そしてバナナスプリットです!
エム・アイ・スゥイーーーーーーーーーー↑↑↑↑↑www
以前からライブではこうだったのでしょうか?w
ALIVEツアーではどうだったんだろう、ソロのNOSTALJANEの影響ですか?<なんとなく
Cru「投げるんじゃなくて堕とすだけ!」
シングルでもないのに凄いです、他アーティストでは考えられないかも。

TONGUE TE TONGUEでToAllThaDreamers.
本編終わりが近づいています
「そして俺様がDiggy-MO'だ!」
あー…、俺様って言っちゃったよ…って思ってましたw
いやいいんですけど。もちろん。

StarlightDestinyが終わり。
終了かと思ったら「GASOLINE!!」で本編ラスト曲GASOLINEが始まりました
必ず曲の前にタイトルを言いますね、ギアを一段も二段も上げる感じです
本編終了。

アンコールTOKYO通信、GROWN KIDZと続きます
そういえばGROWN KIDZを本編で聴いたことは一度もありませんでした
歌詞の内容からして、やっぱりアンコールでやってくれるんですね
曲が終わりDiggyが客を煽る、Hiさんも煽ってたかな…?
客のレスポンスが足りなかったらしく帰ってしまいそうになる<演出のうち?
・・・・と思ったら後ろ歩きで戻って来た!!(笑
そしてラスト曲、FIRE RHYMERです!<熱さはDVD参照
DiggyもHiさんも渾身のパフォーマンスです
ツインMCは迫力があってステージの魅力も倍増します
音楽が好きなら声だせええええ!!!!この辺りの記憶は飛んでしまいました
でも、これ以上ない程アツかったです

メンバーが捌けた後、客席から拍手が起こりました
ダブルアンコールを求めるものではなく、この熱のこもった公演に対して自然に湧きあがった拍手でした
最高の時間だったと思います

会場を出たのは21:50頃だったと思います
3時間弱ぐらい、28曲もやってくれたんですね

日帰りは出来なくなってしまったので渋谷センター街(多分)にあるネットカフェMANBOO!へ。
6時間パックで会員価格¥1,360くらいでした
夜中に唐揚げ¥350を食べる<どんだけチキンが好きなんだ
オレンジジュースやグレープフルーツジュースを飲みまくる
漫画読んだりネットしたりメールしたりしながら朝まで過ごしました

”熱い”という部分ではこのSUPERFEEL 1Tが1番印象に残っています
ずっとファンだったB'zでもなく、まして付き合いでもなく、東京に遠征してまで観たいグループに出会えたのは幸せなことだと思いました

so_mania発売の嬉しい号外もありました
ツアー日程がずらーっと並んでるのを見て嬉しいより先に どうしよう… と思ったりして。
全部行くのは不可能だし、数公演しか行けないですからね…
嬉しいだけではなかったのが、もうファンになってしまったということなんでしょう、きっと。

既に周知の上だと思いますがセットリストを書いておきます
01.UnIsong
02.VOODOO KINGDOM
03.TANK
04.円卓の騎士
05."P"
06.S.O Magic2
07.輪舞曲
08.イルカ
09.GAME
10.MEGALOPOLIS PATROL
11.SHUFFLE DAYZ Pt.2
12.ALIVE
13.Magenta Magenta
14.Singin'MyLu
15.SUPERFEEL
16.VELVET ROMANCE
17.Pop n' Top
18.COZMIC TARAVEL
19.BLUES
20.True to myself
21.バナナスプリット
22.TONGUE TE TONGUE
23.ToAllThaDreamers
24.StarlightDestiny
25.GASOLINE

ここからアンコール
26.TOKYO通信〜Urbs Communication〜
27.GROWN KIDZ
28.FIRE RHYMER
読んでくれて有難うございました!
おやすみなさい
 

so WHAT!? mania☆10/4下北沢GARDENレポ

ご覧いただき有難うございます!
あまり意味のない”今更な振り返りレポ第3弾”です
約2年前、悲しいぐらいほとんどのことを忘れてしまったのでただの感想になります
基本事項
SOUL'd OUT LIVE 2012 so WHAT!? mania
2012年10月4日(木) 18:30開場 19:00開演
下北沢GARDEN

えーっと、渋谷センター街(多分)のマックにて、シャカシャカチキンと照焼マックバーガーでカロリー補給してからホテルに向かう
渋谷駅から徒歩10分くらいの「ビジネスホテル山陽会館」にチェックイン。
たしか洗面所・シャワールーム共同(男女は別)で1泊¥6,000です@シングルルーム・朝食有

渋谷から電車で下北沢へ。
会場、下北沢GARDENは駅南口から徒歩5分かからないぐらいですね
既に辺りは暗くなりかけていて、迷う。←なんで?
開場3分ぐらい前に到着。
地下の待ちスペースはSOUL'd OUT Cruでパンパンでした

番号が呼ばれ始めます。ドリンク代は¥500
チケットはA11でした<今回は明瞭表記
最前列Teddy側の端から2番目です
視界を遮るものが何もないのが不思議な感じでした
これまでB'z@朱鷺メッセのアリーナ2列目が最良だったので、初の最前列でした!
(最前列のサイドより、中央2列目のほうが距離は近い気もしますが)
下北沢は最前列バーとステージの間の溝(?)にカメラマンがいました

アルバムツアーの初日、開演です
服装はDiggyが黒のシャツか七分丈ぐらいのTシャツに(途中まではジャケットも着てた)、ボトムスはカーキのカーゴパンツ風だったってことしか記憶にないです
パンツが緩いようで、しょっちゅう手でたくし上げてましたw
そしてHiさんは金髪・短髪になっていました!
あの浅野温子(笑)風よりも、何倍もいいと思いました。似合っています。
ツアーへの意気込みも感じます!

オープニング曲Kopernikから、すぐに分かりましたCatwalkです!
なんとなく、もうCatwalkはライブでやってくれないんじゃないかと思ってたので、すごく嬉しかったです
intoroで、
WALKY TALKY うぉきな TO りきょな WALKY TALKY〜♪
WALKY TALKY うぉきな TO りきょな 〜♪←なんて言ってるか分かりません
Diggyが3〜4列目ぐらいの客に向けてウィンクを3〜4回バチバチバチっとしましたよ
黄色い歓声があがったことは必須です

TOKYO通信、Sueと続きます
SueではHiさんのH.B.Bも聴けました
最初はSHE IS A PIPPIN YEA GET GO!はあまり歌わずに…途中から客が歌っていました
ラストに向けて客「SHE IS A PIPPIN YEA GET GO!」→D「SHE IS A PIPPIN YEA GET GO!」て感じでDiggyが歌う度に歓声が上がりました

SHUFFLE DAYZです!
ジャケットの襟はおっ立てなでDiggyが、そんなニュアンスでジャケットの襟を触っていました
私もせっかく最前列なので一緒にやろうと思ったけどやめました<正解

カーテン・コールです
GET DOWN! DOWN! DOWN! DOWN!ライブでは初聴きでしたが凄く盛り上がりますね

数曲飛ばしてVELVET ROMANCEです!
S.Oのライブでは必ず聴きたいと思う程ライブ映えする曲ですね
間奏でジャンプしまくることが出来るのも楽しいです
アウトロではH.B.Bも聴けました

そして1,000,000 MONSTERS ATTACKです
ちゃんちゃらんちゃらーらー、ちゃーちゃ、ちゃーちゃーちゃらららー(もっと真面な書き方をしたい…)で歓声です
今までS.Oベスト5に入るくらい聴いていた曲だったので、ライブで聴けて嬉しかったです
Cruの「DE-VE-DE-VE-DE  DE-VE-DE-VE-DE!」の勢いと声量に圧倒される
CDよりも速く感じました。たたみかけるような掛け合いですね

and7
ラストのD Tha Grand Wizard〜からの箇所を楽しみにしてたんです
なんか…端折ってましたw
Hold on, hold on!で終了。

数曲豪華過ぎる曲目が続きウェカピポです
ライブヴァージョン生で聴くと迫力がありカッコイイですね!
たしか「お前ら会いたかったぜ!」って言ってくれたと思います!
ウェカピポで「その瞳もくもってしまったLost generation」が最も聴いてみたい部分でした
楽しみにしていたら…
「…プチヘンザアーープ!」 www
Put your hands up! Hey! Hey! Hey!〜〜しまった愛という名のIllmination〜という感じですね

ToAllThaDreamersの次はsoooooooo_maniaです
本編終了に向けて、かなり熱量のある曲が続きます
Diggyさん、Hookでは上半身を下に折るようにして歌っていました
サイドにも来てくれたのはいいんですが、狂ったように左手をぶんぶん回していて、私の挙げていた右掌に当たりました(笑
拳で来たので結構痛かったのを覚えています<いやいいんですけど。全然。どっちかというと手を挙げていた私が悪い
この変(?)な動きをしたのは初披露の下北沢だけだったかもしれません
本編終了。

アンコールはVOODOO KINGDOMです!
丁度当時東京でShinnosukeさんがサウンドを担当されたJOJO展をやっていたような。。
渋谷駅にどーん!と広告が貼ってあった気がします

ここで公演初MCです
もうほとんど忘れてしまったのですが。
D「えー…26公演のツアーがスタートしました」
最前列の女性客「始まってしまいましたね」D、スルー(女性客の言葉がけはスル―しがち?)
少し沈黙
私の隣にいた男性客「男前!!」に少し反応して笑うDiggyさん。
D「初日がここで、お前らで良かったです」
ラストはStarlightDestiny.

ライブは正味2時間程だったと思います
熱量はありましたが、正直少し物足りなかったです
きっとあれです、SUPERFEELingLIV3と1Tが良過ぎたのだと思います
LIV3名古屋はとても雰囲気が良かったし、1Tはとても濃い公演に感じました
それと1番なんだか足りないと感じた要因は、前にCruが誰もいなかったことです
最前列に行くにはまだ早かったみたいです
サイドにDiggyがDiggyパートで来てくれる→当然Diggyを見れば良い→無問題
サイドにHiさんがHiパートで来てくれる→Hiさんを見れば良い→無問題
問題はその逆パターンなんですよね…<気が小さ過ぎ
Hiさんが中央もしくは逆サイドで歌っててDiggyがすぐ近くに来てくれる→どちらを見ていいのか分からない→とりあえずDiggy怖い
Diggyが中央もしくは逆サイドで歌っててHiさんがすぐ近くに来てくれる→やっぱりHiさんを見たほうがいいのか?それとも歌ってるDを?<好きにしろ
あっ。たまにはTeddyも見てあげなければ…!
ってことを考え過ぎて疲れましたw

会場を出ると雨。お足元悪すぎですw
ツアートラックも出現してました
渋谷駅からホテルまでの間すごい豪雨で、びしょびしょになりました
こんな状態でホテルに入るのがなんだか申し訳なかったです

セットリストを載せておきます
2つのサイトからお借りしました
01.Kopernik
02.Catwalk
03.TOKYO通信〜Urbs Communication〜
04.Sue
05.SHUFFLE DAYZ
06.カーテン・コール
07.quarter 5
08.UnIsong
09.IMA
10.Singin'MyLu
11.SUPERFEEL
12.VELVET ROMANCE
13.1,000,000 MONSTERS ATTACK
14.and 7
15.ルル・ベル
16.COZMIC TRAVEL
17.DreamDrive
18.ALIVE
19.ウェカピポ
20.ToAllThaDreamers
21.soooooooo_mania
ここからアンコール
22.VOODOO KINGDOM
23.StarlightDestiny
読んでくれて有難うございました!
おやすみなさい
 

so WHAT!? mania☆10/6高崎club FLEEZレポ

こんばんは。ご覧いただき有難うございます
最新のことも書きたいけど、今回も過去のことを書くw
あまり意味のない”今更な振り返りレポ第4弾”です
約2年前、ほとんどのことを忘れてしまったのでレポではなくただの感想になります
基本事項
SOUL'd OUT LIVE 2012 so WHAT!? mania
2012年10月6日(土) 17:30開場 18:00開演
高崎club FLEEZ

セットリストを載せておきます。
2つのサイトを参考にさせていただきました
100%なのは赤字部分のみです<少ない
Sue・輪舞曲・メガポリは前半でやりました
Hiさんのステゴ〜は真ん中ぐらいで。
UnIsong〜IMAの流れは確実です
あとは妄想入ってます
でもなんとなーく、こんな感じだったような気がしてきた!
mixiとかで調べたら全然違ってたりするんだろうなあ
01.Kopernik
02.カーテン・コール

03.VELVET ROMANCE
04.Sue
05.輪舞曲
06.MEGALOPOLIS PATROL
07.quarter 5
08.ALIVE
09.UnIsong
10.IMA
11.Singin’ My Lu
12.StayGold
13.バナナスプリット
14.SUPERFEEL
15.COZMIC TRAVEL
16.and7
17.ウェカピポ
18.DreamDrive
19.TONGUE TE TOUNGUE
20.ToAllThaDreamers
21.soooooooo_mania
ここからアンコール
22.GROWN KIDZ
23.StarlightDestiny




えーっと都合上、前日から現地入りしました。群馬県高崎市です。
高崎club FLEEZは高崎駅から充分歩いて行けます
徒歩何分ぐらいだろう?とにかく全然苦になる距離ではないです
駅から10分未満くらい・ライブ会場からは5分くらいのホテルにチェックイン。
ビジネスホテル「ニュー赤城」シングルルーム@朝食付(朝、フロントに行くと「部屋で食べてね」と稲荷寿司を渡してもらえる)2泊で¥7,560
1Fロビーにてcoffeeセルフサービスで飲み放題。

ライブ当日am10:30くらいに会場に下見に行く
道の途中でツアートラックに追い越される
普通に道路走ったり信号待ちしてるツアトラが見れて嬉しかったです
会場に到着。丁度なかからスタッフ2〜3人と正村さんが出て来てトラックを出迎える(荷下しの為)。
あまり駐車場のスペースの余裕がなく、運転手が何回もハンドルを切り替えし駐車に時間がかかる
正村さんは特別優しくもなかったけど案外優しかった。←?
「写真撮ってっていいよ。」と言ってくれたのでツアトラと移動車(あのブラックの)の間に入らせていただき写真を撮る
(高崎のこちら側からの写真は結構レア?)
狭いとこから撮ったからか、写り酷いです





↓ 数時間後

開場。ドリンク代は¥500.ステージやフロアは横幅が狭く感じました
通常ならTeddyの位置辺りに、ゆったりとDiggyのピアノが。
最前列は14人でした

どの会場から認識したのかは忘れたけど、メイニアツアーのDiggyのピアノにはDinosaur s**の文字が。
ピアノはブラックで、文字がホワイト。

チケットはA40番代前半で右側(普段ならDJ側)の前から3列目でした
ステージの前のほうとフロアが見れるモニターが近くにありました

開演。SOUL'd OUT3人だけのライブです
服装は確かDiggyが黒の半袖Tシャツに黒ベスト、パンツは黒か茶色だった気がする。。<かなり曖昧

下北沢よりHiさんが客を煽ったり盛り上げたりする頻度が高かったように思います
Diggyは右サイドに来ると執拗に斜め上のモニターを見てました
凡人には想像つかない何か意図があったのかも。
それがしょっちゅう(←標準語じゃないかも)だったので前列の客からは密かな笑いが起きてました

UnIsongではDiggyが左サイドで一段高いとこから斜めにフロアを見渡して歌ってました
ファンひとりひとりを、見ていく感じで。
下北沢とは雰囲気が違うなあと感じた
LIV3名古屋と1Tぐらい違う。<あくまで個人的なものです

以下、高崎に限らず何回か観たことを。
UnIsongではHiさんは、Hookでマイクは近づけずに歌っていることが多いですね
D「PYOOM YOU UP」客「PYOOM YOU UP」
D「PYOOM YOU UP」客「PYOOM YOU UP」
一緒に「PYOOM YOU UP 輝く TONIGHT!」←これなら息が続く
かが〜やく♪でDiggyの人差し指一本を伸ばしていた左手は3ピースになることが多かった気が。
「深く 深く INSIDE」で左手を腰より下に、身体の前に。そして僅かに突き上げる←場合によってはこの箇所削除しよう
「夢見るYOU&I」で左手を水平に前方に伸ばし銃をパァンと打つように上げる
D「SO ふぁーーらうぇーーー」でHiさんは両手を腰より下に、マイク持ってない手は、掌をフロア(客)に向ける<何か柔らかいものを掌にのせてる感じ、綿菓子のような
この箇所はHiさんの手を見てることが多かったです
FARAWAYを腕で、手の動きで表すHiさん。

アウトロのDピアノソロからIMAへ。綺麗な流れです
…girl,〜からIma Be By ya(イントロの)の前まではピアノの椅子に座り、正面(フロア)を見て歌ってました
(当方当時30歳なのでgirlではないですが)、数秒間(10秒くらい?短い)見てくれましたよDiggyが。自分だけを!<思い込みでもなんでもいい

そして、Singin’ My Lu
Diggyパートでは、歌が途切れている時間が、この高崎公演が最も長かったのではないでしょうか。

歌えてなかった。

Hookの日本語の箇所も声が出ていなくて、呟くような時もありました
前列で失笑してるひとも少しいた程です
その時は少し疑問に思う程度でしたが、後のインタビューを読んで・・・・・・・。
「号泣」って書いてありましたよね、確か。高崎のSingin’ My Luでは、って。
3列目でも涙は見えなかったし泣いてるようには見えなかったけど、そのインタビュー読んで納得しました
あきらかに、様子はおかしかったです…タイミングとか、自分のモチベーションとか、コンディションとか。すぐ傍にいるCruの存在とか。
色んな要因が重なっていたのが、この日のSingin’ My Luだったのかもしれません

そしてここでライブの雰囲気が一新!ステージ中央にHiさん!
Stay Goldです!
うおおおおおーーーって感じで会場が湧きます
Shinnosukeさんも弾きながらノっています、楽しそうだったーーー!
これが俺の見せ場、って感じ(?)でHiさん客を煽る煽るw
サビは全員でジャンプです!
充分皆ジャンプしてるように感じるんですけど。。Hiさん「お前ら俺より若いだろ!」みたいなこと言って更に煽ってましたw
「若いだろ!」って…w
若いひともいれば若くないひともいるし、膝とか痛くてジャンプし辛いひともいるんじゃないですか、Hiさん!!(笑)
って心のなかで突っ込みを入れてしまいました
曲後半からはDiggyもステージに現れました

数曲飛ばしてCOZMIC TRAVELです
Diggyさん、Hookで歌えなくなったりして曲が終わった時に
「みんなが歌うと分かんなくなるんだよw………歌ってほしいんだけどさw」って言ってました
まさかのCruのせいですか!!って思ってしまいました(笑

一気に省いて本編終了。

アンコール待ち。
初のソーーーーメイニア・コールでした
so_maniaのアルバムツアーですし、こっちのほうが何倍もいいですね!

アンコールはGROWN KIDZ.
下北沢とセトリを何曲か変えてきてくれたのが嬉しかったです
曲が終わってDiggyが
「みんなサンキューな。……なんか上手く言えねえけどマジサンキュー」って言ってくれました(ニュアンスですが)。
少しDiggyの鼻や目に、熱が集まっているように感じました

ラストはStarlightDestiny.
読んでくれて有難うございました、おやすみなさい








 

so WHAT!? mania☆10/21柏PALOOZAレポ

こんばんは。ご覧頂き有難うございます!
あまり意味を成さない”今更な振り返りレポ第5弾”です
レポではなくただの感想の抜粋になります
基本事項
SOUL'd OUT LIVE TOUR 2012 so WHAT!? mania
2012年10月21日(日) 17:30開場 18:00開演
柏PALOOZA

えーっと柏駅から会場へは徒歩で余裕で行ける距離です
途中、商店街みたいなところの一角で偶然安いコインロッカーを見つけたので荷物を預ける
その近くのマックで、ストロベリーシェイクとシャカシャカチキンとチキンバーガーでカロリー補給してから会場へ。
柏に限らずですけど、特に男のCruはTimberland履いてるひとが一定数いますね
メンバーが履いてたってことも関係あるのかも。
最初はきつくてもティンバは特に良質な本革なので、足に馴染んでくるんですよね
高いだけの価値はあります。
ってライブの内容覚えてないからって最初から脱線した!ww
途中で少し迷ったけど(普通のひとは迷わないと思う)、なんとか間に合いました
既に沢山のひとが列んでいます
A300はどの辺り……あ、Aは300番までですか。そうですか。
行けなくなった方から譲っていただいたチケットで、公演2日くらい前に手元に届いたものでした
ドリンク代は¥500.
中に入ると既にCruでいっぱいで見えそうにありません
右側(通常ならDJ側)、後ろの運良く段差になっている場所に立つことが出来、臨場感には欠けるものの視界は良かったです

開演です
客から見てステージ左側がShinnosukeさん、右側がTeddy.
服装はDiggyがチェックのシャツだった記憶のみです
長袖シャツを、七分丈ぐらいに腕まくりしていたと思います
米子公演も同じシャツだったんですけど…確かベースカラーが、クリーム色とベージュの間くらいの色だったと思います
チェックのラインは何色か合わさってた気がするけど、紫色が存在したような。
インパクトのあるチェックシャツではなく、時間が経つと「…ん?何色でしたっけ?」といった雰囲気でしたw
でもカジュアルで似合ってましたよ

Kopernikの次はquarter5です
ポイントは「おれと同じおまえをのせて」のすぐあとですね
(ジャン、ジャン、ジャン、ジャンってところです、ここだけ手を挙げるのが気持ち良かったりしました)

UnIsongです
直接聴く、感じるんだ ファーーーが好きでした
Coolに行けよ Guy. Hey guy,hey guy,hey guyで、それぞれ計4人のガイに照準を絞って心を打ちぬいていました。<?
アウトロのDピアノソロから…AND I-M-R-U STOP...SUPERFEELです

そしてand7と続きます
so_maniaの流れそのままで5曲が続きます
柏のand7は、下北沢や高崎よりも歌っているファンが多かったです
さすがに次はsoooooooo_maniaじゃないよな?と思っていたら、円卓の騎士が始まりーーー、アルバムの流れはここまででした

円卓の騎士はライブで5回程聴きましたが、この柏公演が一番好きでした。気概が強く伝わって来る感じがしました

ルルベルは覚えてないので飛ばして、レア曲きましたTheShowです!
2ndアルバムでTheShowが一番好きです
解散してから一度も聴いていません、HiさんとDiggyのかけ合いが多過ぎて…聴くのは危険です
ふたりは最高の相性だと思います……あー、想像しただけで危険なので考えるのやめときます
…そういえば「Put ya Mass on」の箇所はどうだったんでしょう?
曲ラスト近くの紹介部分ではDJ Teddyだった気がしますが。
特に好きな箇所…
「…ミーシャ、マイガール(←こう聞こえる)Sont des mots qui vont,tres bien (ここで声に笑いが含まれる)ensemble...(ここから後が更に最高になる)」
CDよりも良かったですよ!

IMAの次はCatwalkです!
会場ヒートアップで暑いです。。
D「WALKEY TALKEY〜〜〜ヘイ!」ばーーん!(←音)で終了。

数曲飛ばして、CLONE AS A FUNNY CREATURE PREACHERです!!
NOW GET A GUN!!
DVDと同じくらい迫力ありました!

どの箇所だったか忘れたけどメンバー紹介の最後に、
「そして俺がDiggyさんだぜっ!」
って言ってるように聞こえましたが、私の聴き間違えだったみたいです
実際は、
「そして俺がDiggyちゃんだぜっ!」らしいですね
聴き間違えてしまったのはある種しょうがないですよー。
Diggyちゃんなんて、そんなこと言うとは予想もしてないwww
ひょっとしてShinnosukeさんのシンちゃーん!が密かに羨ましかったとかですかwww
今年の321新潟でもDiggyちゃん降臨したみたいですね
聞きたかったなあ
DVD化されそうな公演では絶対言わないだろうな(笑

一気に省いて本編終了。

アンコールはSingin'MyLuです
本編中盤でやるよりも集中して聴けた気がします

柏はMCナシ。
ラストはStarlightDestiny.
柏のStarlightDestinyは、特別記述出来ることはありませんが、記憶として残っています
柏ライブは雰囲気的にもバランスの取れた、良い公演でした



東京まで戻り、日帰りは出来なくなってしまったので、ご飯食べたりとか色々して東京駅から徒歩5分ぐらいのカラオケBIG ECHOへ。
23:00〜5:00フリータイム¥2,500
飲み放題コース¥1,500.+鶏唐揚¥580
ジュース→アルコール(カクテル)→ジュース→アルコール(カクテル)と交互にオーダーする
SOUL'd OUTはひとりの時じゃないと歌えないので、とりあえず歌えなくてもずっとSOUL'd OUTをかける
1曲も満足に歌えるのないんですけど。。朝まで歌う
10月21日、もう秋だというのにこのライブの自分の服装思い出したら半袖にショートパンツでしたw
なんか知らないけど元気だったんだな。。。

以上、とてもレポとは呼べない内容ですが読んでくれて有難うございました
セットリストを載せておきます
数か所に貼ってあったのをお借りしました
01.Kopernik
02.quarter 5
03.UnIsong
04.SUPERFEEL
05.and 7
06.円卓の騎士
07.ルルベル
08.TheShow
09.IMA
10.Catwalk
11.Sue
12.Ture to myself
13.SHUFFLE DAYZ
14.CLONE AS A FUNNY CREATURE PREACHER
15.COZMIC TRAVEL
16.バナナスプリット
17.MagentaMagenta
18.カーテン・コール
19.ウェカピポ
20.ToAllThaDreamers
21.soooooooo_mania
ここからアンコール
22.Singin'MyLu
23.StarlightDestiny 
おやすみなさい

so WHAT!? mania☆11/16広島ナミキジャンクションレポ

こんばんは。ご覧頂き有難うございます
あまり意味のない”今更な振り返りレポ第6弾”です
ただの感想の抜粋になります。
基本事項
SOUL'd OUT LIVE TOUR 2012
so WHAT!? mania
2012年 11月16日(金)  18:30開場 19:00開演
広島ナミキジャンクション

セットリストを載せておきます
曲目は多分これで合ってると思いますが、配置に自信あるのは赤文字のみです
エスマジ2、Sue、輪舞曲、メガポリは前半だったと思います
残りは妄想です
01.Kopernik
02.カーテン・コール

03.S.O Magic2
04.Sue
05.輪舞曲
06.MEGALOPOLIS PATROL
07.Singin'MyLu
08.IMA
09.Catwalk
10.SHUFFLE DAYZ Pt2〜Pt1メドレー
11.UnIsong
12.ルルベル(倍速リミックスバージョン?)
13.SUPERFEEL
14.and7
15.BASTARD
16.MagentaMagenta
17.ウェカピポ
18.TONGUE TE TONGUE
19.ToAIIThaDreamers
20.soooooooo_mania
ここからアンコール
21.StayGold

22.COZMIC TRAVEL
23.StarlightDestiny



えーっとまずどうだっていいことから。。
広島駅から入れる駅ビル(ファッションビル?)の4Fぐらい(←超適当)のパスタ屋 五右衛門でAランチ¥950を食べる
スープ+飲み物+パスタは、海老アボカドクリームパスタを。
とにかくこの店が大好きで、見かけると必ず入店してしまうほどです。
前は近所にあったんですが、引っ越したり、店舗がなくなってしまったりで、今や都会(?)に出た時じゃないと食べられない憧れの店と化しています

広島駅からライブ会場は充分歩いて行ける距離です
それでも1キロ以上はあるのかな?でも、あっという間ですよ
会場から徒歩5分くらいのビジネスホテル「ホテル パオ」にチェックイン。
シングルルーム1泊¥4,900です

広島ナミキジャンクションは開場時間より少し早めに番号読んで列び始めます
出遅れるとCruでいっぱいの階段を登っていって自分でチケット位置に相応しい場所に入れてもらわねばなりません
開場。ドリンク代は¥500

ナミキジャンクションはキャパ350くらい。
どちらかというとフロアは横長に感じました
チケットはD15番。前から6列目中央です
初めてサイドではなく、センターで観ることにしました

開演です
広島に限らずですが1曲目Kopernikのイントロで、メンバーの登場を待つ時間のフロアの高揚感は毎回凄かった
Shinnosukeさんは客から見て左側,Teddyは右側。
Hiさんが来て,Diggyが歌う直前くらいに来て…。
メイニアツアーで直接聴くIn it Emerald E Emeraldが好きだった
何故か2014年は客パートになってましたw
Time過ぎてく!Time過ぎてく!の箇所も大好きでした

Kopernikから2曲目カーテン・コールへ。
この流れもすごく良いですね
カーテン・コールは、アンコールでやってくれるのももちろん似合うし、ライブ後半でも序盤でも、どの位置にでも持ってくることの出来る万能曲ですね

広島の服装の記憶はDiggyが水色(少し濃いめのはっきりした水色)の半袖シャツに、黒パンツだったということのみです

数曲飛ばしてMEGALOPOLIS PATROLです
Diggyが<1B>This is supersonic…からの流れでいきなり「SHOK YOUR CODE "MEGALOPOLES PATOL"!直 YOUR SOUL 音響 SPECTRO」
客→Wow wow wo〜↑やWow wow wo〜↓を言ってあげたい気もするがどうしたらいいのか分からないw
Diggy、気が付いて「ソーリーw」って言ってました
結果Hiさんのパート<2A>はなくなる

数曲飛ばしてIMA
ライブでは、ふたりの声が重なるI can't see your face in my mindが好き
あと、CDでも聴けるend of storyですね、ここも好き
というか、ファンベストに投票したぐらいIMAが好きです
ラストはフェイドアウトではなく、But if you just walk away,I'm gonna miss youで終了。

SHUFFLE DAYZ メドレーはこの広島公演で初めて聴きました
Anniv122にも収録されていますね、両方聴けて最高です!

イントロが始まり あっ。ルルベル!と思ったのも束の間、倍くらいに速いwついて行けないくらいに速いw
Teddyのリミックスでしょうか?
たまにだったら斬新でいいけど、やっぱりオリジナルのがいいなーと思いました(笑
でも、今となってはもう一度聴きたいです

いつのまにか斜め後ろのほうから隣に来た男の客が執拗なスキンシップをしてくる
フレンドリーなのと、迷惑行為の間ぐらいなので、対応に困る
なんで私なのかが分からない
とりあえずノリ良く相手に合わせていたのは、それが一番安全だからです
途中からは少し離れることが出来たけど。
一通り友達には話を聞いてもらったのでここでは書くのやめとこう。。<書いたけど

数曲飛ばしてBASTARDです!
ちゃーらーら、フー! ちゃーらーら、フー!と盛り上がります
フー!でShinnosukeさんも右手でカモン!て感じで煽ってくれます
この箇所はすごく楽しいので好きでした

一気に省いて本編終了。

アンコール。ShinnosukeさんとTeddy登場。
「広島には、なかなか来れなくて…」と話すShinnosukeさん。
それに対してちょっと不満だったことを表す広島Cru.
S「だーかーらー、この曲やるんじゃん。」
Stay Goldが始まり、Hiさん登場!!<ここまで書いて、この流れ違ってたらどうしよう

Diggyも登場しもう1曲アンコールをやってくれて。
ラストはStarlightDestiny.

広島のスタライはアツかったのを覚えています
3日間連続公演の初日ということで、多少は体力の配分を考えた広島公演になると思っていました
でも、そんなことは全然なかったです
毎回毎回がラストだと思いやってるって、321でも言ってたと思いますが。
残念なことに詳細は忘れてしまいましたが、連続公演の初日とは思えないくらいのステージでした

読んでくれて有難うございました!おやすみなさい

so WHAT!? mania☆11/17岡山CRAZYMAMA KINGDOMレポ

こんばんは。ご覧いただき有難うございます。
あまり意味のない“今更な振り返りレポ第7弾”です
ほとんど覚えていないことに気が付いたので、ただの感想の抜粋になります
基本事項
SOUL'd OUT LIVE TOUR 2012 so WHAT!? mania
岡山CRAZYMAMA KINGDOM
2012年11月17日(土) 17:30開場 18:00開演

えーっと前日が11/16広島ナミキジャンクションにてライブだったので、11/17当日に広島から岡山へ向かう
JR広島駅→岡山駅 乗車券¥2,940

JR岡山駅から会場CRAZYMAMAは2キロぐらいかな?<相当適当
充分歩いて行ける距離だと思ったけど、ひとによっては苦になるかも。
私の”充分歩いて行ける距離”はあてにならないので、徒歩以外の手段のほうが良いかもしれません

会場からすぐ近くのホテル、「アビスイン岡山」にチェックイン。
シングルルーム1泊・朝食付(パン・スクランブルエッグ・コーンスープ・マリネ等、ライトなバイキング)¥4,180


ホテルの窓から。
凄く分かり難いけどマンションだかアパートだかに挟まれてるように見える黒で金色っぽい十字のデザインが映える横長のライブハウスです



会場隣(多分)の公園にならぶ
チケットA→B→C(アルバム先行予約)→D(e+先行予約・その他一般)
機材トラブルがあったらしく40分ぐらい開場が遅れた気がする。
服装は長袖シャツにショートパンツ、トレンカにブーツ(MENS物でヒールなし)だったのですが、寒かった
そしてライブが始まってからは、暑かった

開場。ドリンク代は¥500
チケットはD105番。センターの前から8列目でした

記憶からは消えてるのですが、SOUL'd OUT3人だけのライブだったようです
高崎が3人だったっていうのは印象強かったのでずっと覚えてたけど、岡山のことはすっかり忘れてた…

ステージ客から見て左にShinnosukeさん、中央にマイクスタンド、右にDiggyのピアノ。

Kopernikのイントロのなんとも言えない高揚感は異常だったと思います
これ以上に、好きな幕開けはなかったです

服装は
Diggy→同色の形容しがたいぼかしみたいな柄が入った、黒シャツ。仙台公演も同じシャツでした。ボトムスも黒。
Hi→ブルージーンズ

Pop n' Top〜オエオエver.はこの岡山公演で初めて聴きました
確かDiggyはピアノの椅子に座って、リラックスした様子で。
Shinnosukeさんのキーボードと、HiさんのH.B.Bと、Diggyの声と。
SOUL'd OUTの3人じゃないと、出来ないこの曲・このバージョンが大好きです

全然覚えてないので飛ばして。。
and7は、ライブで回数を重ねる程、ファンに愛される曲になっていっているような気がしました

そしてまた飛ばして。。
UnIsongです
Diggy、左サイドのスピーカーかなんか(?)の1段高いとこに上がって、上のカーテンレール(?)みたいなところに掴まって歌ってた
左前列の人達に脚とか触られながら、歌う
一際大きな、歓声が!
Diggyが女性Cruからソロツアーグッズのタオル(黒地に金色っぽいデザイン)を取り、自分の肩にかけて歌う

もれなく女性Cruに返すのかと思ったら、そのままアウトロのピアノを弾きに右側へ行ってしまいました(笑

その後、何事もなかったかのようにタオルを肩にかけたままでライブを進行w

本編ラストsoooooooo_maniaです!
gimmi a hook, a hook!や巻き舌や…イントロだけでフロアの興奮度は最高潮に。
やっぱりsoooooooo_maniaは、1曲目でも2曲目でも後半でもなく、本編ラストが一番良かったです
オープニングのKopernik同様、maniaツアーのsoooooooo_maniaは、やばかったです
2012〜2014年しか体感してないけど、やっぱりmaniaツアーが最高でした!!

DiggyはHiさんのパート辺りから左サイドに。D「Bro.Hiがいくぜ!!」
HiさんフロアにDIVE!!!
周辺にいた男のCru達がHiさんを支えようと、Hiさんのところにがーっと集中して騒然となる
誰も曲なんか聴いてなかったと思う(笑

私も少しだけHiさんの下半身(ブルージーンズ)に触れることが出来た

Hiさん、正村さんに抱えてもらってステージに戻る

HiさんのDIVEが衝撃的過ぎて、歌がどうだったとか全く覚えてないけど、Diggyも相当壊れてた気が…。
ファンからぱくった(?)タオルもそのままで。

本編終了。

アンコール待ちの間、正村さんがDiggyが荒らしたステージを整える
頑張れ正村さん…と思いながら見てました

アンコールはGROWN KIDZ・StarlightDestiny

スタライが終わり、その直後もDiggyが上からぶわーっと降りてくるようなテンションで叫んでいたのを覚えています
ラスト、ファンからぱくったタオルをフロアに投げる
(結局、持ち主の女性には戻りませんでした)

岡山はこのタオルとDIVEの記憶が強烈で他のことが全然思い出せない。。。

セットリストを載せておきます
現在、自分で覚えていた配置は赤文字のみです<少ない…
Pop n'Topが前半だったのは覚えてます
その他は全面的にロヤさんのところからです(どうしようもなく忘れていたので、勝手に借りてしまいました、ロヤさん、有難うございます)
01.Kopernik
02.VELVET ROMANCE

03.TONGUE TE TONGUE
04.OKAYAMA通信

Pop n' Top〜オエオエver.〜
Catwalk
FlyteTyme
SUPERFEEL
quarter 5
MEGALOPOLIS PATROL
and7
バナナスプリット
CLONE AS A FUNNY CREATURE PREACHER

14.IMA
15.Singin' My Lu
16.ウェカピポ
17.UnIsong
18.DreamDrive
19.COZMIC TRAVEL
20.ToAllThaDreamers
21.soooooooo_mania


ここからアンコール
22.GROWN KIDZ
23.StarlightDestiny
読んでくれて有難うございました!おやすみなさい






 

so WHAT!? mania☆11/18米子AZTiC laughsレポ

ご覧いただき有難うございます
あまり意味のない“今更な振り返りレポ第8弾”です
ほとんどのことを忘れてしまったので、ただの感想の抜粋になります
基本事項
SOUL'd OUT LIVE TOUR 2012 so WHAT!? mania
米子AZTiC lauchs 2012年 11月 18日(日)
17:30開場 18:00開演

えーっと前日の11/17は岡山でライブだったので、11/18当日、岡山から鳥取県米子市に向かいます
JR岡山駅〜米子駅 乗車券¥2,520
米子入りするときは、時間はかかったけど特急ではないローカル線でいきました

ライブ翌日、帰るときは時間の都合上、特急やくもを利用したのですが、悪い予感が的中…。
なんでこんな奴が遠征なんか行くんだっていうくらい乗り物全般に弱いのですが、揺れる・傾ぐ、特に地方の特急列車が苦手です
ずっと吐くためのビニール袋を手放せない状態でした
でも、私の体質が特殊なので、ほとんどのひとは問題ないと思う…



米子初上陸です
駅で月見肉入り蕎麦¥490を食べる←玉子と肉の力でもっとパワフルになりたかった

米子は駅のすぐ近くにイオンがあり、何かと便利です

会場・米子AZTiC laughsは駅から歩いて10〜15分くらいです。相当近いですよ

会場から徒歩5分ぐらいの「ホテルビジネスイン・よなご」にチェックイン。
シングルルーム1泊¥2,630
風呂・トイレ男女共同←繊細な女性は無理かもしれない
ちなみに風呂は男女共同で温泉でした
フロントのひとが貸切にしてくれると言うので、夜に温泉に入ることが出来ました

ホテルで歯磨きセット¥200を購入し歯を磨いて会場へーー。
会場の裏にはあのブラックの移動車が。

会場隣(多分)の綺麗な空き地にならびます。当日券を求めるひともいました
Aチケットでならんでいるひとは、23人でした←数えた
岡山に続き機材トラブルがあったらしく、30分ぐらいは開場が遅れた気がする

開場。ドリンク代は¥500
チケットはD81番。3日ぐらい前に一般で購入しコンビニ発券したチケットです
Dチケットでならんでいたひとは30人くらいでした…

客から見てステージ左側にShinnosukeさん、中央にマイクスタンド、それからDiggyのピアノ、右側にTeddyがいたかは覚えていません
ピアノがわりと中央にあったってことは、いたと思うんだけど。。

米子公演は、比較的地元民が目立ったような気がします
年齢層も幅広く、フロアの後方には家族連れもいました

私は左側の前から3列目に立つことが出来ました。ステージが近いです
Diggyのピアノ、Dinosaur s**の文字もはっきり見えます
最前列は、14人くらいだったかな。

Kopernikから開演です!
服装はDiggyが柏公演と同じシャツ(詳しくは9/24upした記事参照)、ブルージーンズだった記憶のみです

Is tha Music helpin' ya hun?
Is tha Music savin' tha world?

ガーン ズガーン

SUPERFEEL 1T以来のTANKです。
まさかやってくれるとは思ってなかったので、めちゃくちゃ嬉しい

セットリストを変えてきてくれることも、maniaツアーの大きな魅力のひとつでした

米子公演は比較的,Hiさんが左サイドにいてくれる時間が長かったような気がします

そして。GAMEも意外でした!
他にももっと色々やってくれたはずなのに、思い出せないのが残念です

Diggy「米子初上陸だぜーーー!」
米子民でもないというのに、凄く嬉しい気持ちになったw

Dtrrrrrrr!
つないで よなご、通信
ここは鮮明に覚えています

どの箇所だったか忘れたけど、Diggyが左サイドの最前でCAPを被ってる男のCruに、ニヤっと笑って近づき、左手でがっとCAPの上から頭を押さえるw

詳細を忘れてしまったので一気に省いてTo All Tha Dreamersです
Diggy、出だしの2回目のEVERYBODY MOVE〜 から歌詞が飛ぶ
笑ってましたw

そして、前日の岡山公演に続き、今度はセンター付近にいた女性Cruが最前列バーにかけていたタオルを奪おうとするw
大事なグッズだから、タオルを掴んで死守する女性Cru(笑)

しばらく忘れたかのように歌ってたと思ったら、隙を付いてDiggyがタオルを奪い取った!
我が物のように肩にかけて歌うw

女性Cruが本気で嫌がってるのにもかかわらず、フロアにタオルを投げてしまう←完全な嫌がらせw
優しいCruさん達に拾われ、タオルはもれなく持ち主に戻りました。。

と思ったら隙を付いてまたDiggyが奪う!!www
他のことは忘れてしまったのに、タオルのことだけは何故か覚えてます
地方公演ならではの楽しい時間でした。カメラも存在しないですし。

再びフロアに投げようとしたけど、女性Cruがまた嫌がってたので、まぁ仕方ねえか、といった感じで返してあげてましたw

なんだかよく分からないうちにTo All Tha Dreamersが終了。←酷すぎるレポ…

そして。本編最後のsoooooooo_maniaです
Hiさんのダイブがなくてほっとした(笑
フロアは人口密度があまり高くなく、ダイブ出来る雰囲気ではなかったかも。

間奏でDiggyがマイクスタンドを蹴っ飛ばす
飲みかけのペットボトルが置いてある台(?)も蹴っ飛ばす
水が零れステージ濡れてますけど。。。

もれなくDiggyが派手に滑って転ぶ
仰向けに倒れ頭を打ってるように見えたんですけど、痛覚さえ麻痺してそうだと思った
先に手をステージにつけば頭を打たずに済んだと思うのに,CAPが取れないように両手で頭を押さえてましたw

暫く起き上がらずに歌わずに曲が進行。

よく覚えてないけど本編終了。

ステージ荒れてるし濡れてます
アンコール待ちの間、正村さんが整える
昨日よりも更に大変そうだなと思った

メンバー登場。アンコールはCOZMIC TRAVEL(多分)・StarlightDestiny.

広島・岡山・米子と3日間連続公演でしたが、詳細は忘れてしまったものの、それぞれ雰囲気が違っていて最高の中国地方公演でした
私は参戦は出来ませんでしたが、きっと四国や九州も、同じようにそれぞれ最高だったのではと思います

3日間連続でSOUL'd OUTのライブを観れるとは…、恵まれ過ぎててなんだか怖かった

そして、最初で最後になりました

空白だらけのセットリストを載せておきます<載せない方が本気でマシかも…
TANK/GAMEを前半でやってくれたのは覚えてます
配置に比較的自信があるのは赤文字のみです
01.Kopernik
02.カーテン・コール

03.TANK
04.Sue
05.GAME
06.YONAGO通信
07.
08.Singin’ My Lu
09.
10.SUPERFEEL
11.
12.TONGUE TE TOUNGUE
13.
14.MEGALOPOLIS PATROL
15.UnIsong
16.
17.ウェカピポ
18.
19.
20.ToAllThaDreamers
21.soooooooo_mania
ここからアンコール
22.COZMIC TRAVEL
23.StarlightDestiny

読んでくれて有難うございました、おやすみなさい


 


so WHAT!? mania☆11/24仙台MACANAレポ

ご覧いただき有難うございます
あまり意味のない”今更な振り返りレポ第9弾”です
約2年前、ほとんどのことを忘れてしまったのでただの感想の抜粋になります
基本事項
SOUL'd OUT LIVE TOUR 2012 so WHAT!? mania
2012年11月24日(土) 仙台MACANA
開場17:30 開演18:00

えーっとライブ当日、たしかキョードー東北に問い合わせたら当日券を会場で販売してくれるというので、急遽仙台に行くことにする
前回の米子から1週間経ってなかったので、さすがに自重しようかと思ってたけど、無意識に最寄りの駅まで3キロ歩いていました。<45分以上かかる

仙台は、近くはない距離です。降り立ったのは夕方、既に暗く景色は夜でした
会場へは徒歩10分〜15分とのことですが、めちゃくちゃ迷いました
20人ぐらいの仙台民に場所を訊き、走ってようやく到着しライブに間に合うことが出来た
開場時間自体も、少し押してたみたいですね

会場のなかの受付で当日券¥5,775を購入。ドリンク代は¥500
チケットはD87番。

会場のなかのロッカーを使用する。¥300

なかは既にSOUL'd OUT Cruでパンパン…に近かったです

ステージ客から見て左側にShinnosukeさん、中央にマイクスタンド、右側にDJ
センターは空いてなかったので、右側後方に立ちました

もう間に合っただけで嬉しかった

ライトが落ちKopernikから開演です

服装はDiggyが岡山と同じ、同色で形容し難い模様が入った黒シャツに黒パンツだった記憶のみです

間に合っただけで充分だったはずなんだけど、いざ始まってみると全く見えない!
見えないなら、感じろ!という境地にはまだ達することが出来ず、焦る
暫くすると幸運なことに自然とひとが移動し視界が開けて、快適に観ることが出来ました

04.イルカはやってくれて嬉しかったのを覚えてます
仙台でイルカを聴けるとは思ってなかった…
Hookは横振りで。

でも、武道館DVDのバンドのイルカが好きで何度も観てたので、解散まで一度もバンドスタイルのイルカをライブで聴くことが出来なかったのが残念でした

そしてライブが進行し08!
凄く嬉しいイントロが流れて来てるのに数秒なんの曲だか分からなかったw
もう、やらないかと思ってましたよ…
“ah,ah,ah”“ah,ah,ah”“wah?!”“wah?!”
“ah,ah,ah”“ah,ah,ah”!
HUNTERです。初めて聴けて嬉しかったーーー!
シャガメ!もありました
しゃがむことに意味なんかねぇんだよ、とは言わなかったけど、立つのを焦らしたりして楽しかった
SOUL'd OUTはなかなかSだと思った←?

そしてメガポリ、Magenta×2と続きフロアは熱気に包まれる
Diggy「暑いね〜」→Hi「暑いね〜」
Diggy「夏だね!」→Hi「夏だね!」
いや、冬の東北ですけどね…でもふたりのやり取りを聴けて嬉しかった

すぐに波音が…
イルカとHUNTERだけでも充分過ぎるほど嬉しかったのに、Picanaです!
鹿児島ならともかく(←なんで?)、仙台で夏曲Picanaが聴けるとは嬉しい予想外でした

Hookはゆったりとした横振りで。

Hiさんの歌詞好きだなあ、、、熱くて低くて温度が上がっているような声が好き。

熱を秘めてる感じがいい。

もう記憶も曖昧なので一気に飛ばしてsoooooooo_maniaです!
イントロでDiggyがCruから渡された(?)、大きな旗をバサバサ八の字に振るw
重心が安定してて様になってましたw
一通り振り終わりステージサイドに投げて歌い出す

公演中何回か「仙台!」って言ってたと思います。威圧感はなく優しい響きで。
このツアーの前年は震災もありましたしね…
やっと来ることが出来た、という感じだったと思います
多くは語らなくても、仙台や東北Cruに対して言葉以上のものがあったと思います

本編終了。

アンコールはALIVE.
音源の低い声も好きだけど、ライブでの高い「Got Love」「Got Peace」も好き。
「Got Soul」で心をぐっと掴むように、手をグーにするのも。

「行き急いで 泣いて笑って壁」でDiggyが左手で壁を表現する。ここもカッコイイ。

is because you were put into my life.で目を細めて歌うのが好き

ALIVE全部が好きです!<結局それ

2005年、今から約10年前にこんな曲を作ってリリースしてたことが凄いと思います
ALIVEに限ったことではありませんが。

復活前のほとんどの楽曲や映像化されてるライブに対して、そう思っています

ラストはStarlightDestiny.

迷ったのが嘘のように、帰りはすんなりと仙台駅まで行けました。ほんとに近かったんですね。。

新幹線「やまびこ」(指定席じゃなかったから、多分「はやて」ではない)に乗り東京へ。
日帰りは出来ないので(深夜バスで帰りたかったら早めに予約しないと埋まってしまう)、東京駅から徒歩10分くらいの「カラオケ館」へ。
23:00〜5:00ワンドリンクオーダー必須制¥3,306
杏仁フロート¥580とか黒烏龍茶¥380とか蛸唐揚¥480とかオーダーして朝まで歌う
SOUL'd OUTを人前で歌える日は来そうもないです
ケツメイシの20倍難しいかもしれない。。<ケツメイシは少し練習すれば、人前で歌うことが出来る(ケツノポリス4が好き、収録曲全部が名曲なんです)

ライブ中の記憶がなかったので、レポ以外の文ばかりになってしまいました

セットリストを載せておきます
現在自分で記憶していた配置は赤文字のみです<少ない…
その他は全面的にロヤさんのところからです
(再び勝手に借りてしまいましたが、ロヤさん、有難うございます)
次回12月の公演からようやく、前にもましてSOUL'd OUTが好きになり、セットリストを覚えたい、という欲求が湧きました(中学生の頃からB'zのセトリはずっと当たり前のように暗記してました…自分のなかでは、忘れたくないという欲求=好きということかもしれない)。
この仙台公演の頃まではなんにも考えてなかったな。。
01.Kopernik
02.カーテン・コール

03.SENDAI通信
04.イルカ
05.S.O Magic2
06.Sue
07.SUPERFEEL
08.HUNTER
09.MEGALOPOLIS PATROL
10.Magenta Magenta
11.Picana

and 7〜Pop n' Top〜and 7

SHUFFLE DAYZ Pt.2
SHUFFLE DAYZ メドレー

16.Singin' My Lu
17.ウェカピポ
18.UnIsong
19.VOODOO KINGDOM
20.TONGUE TE TONGUE
21.ToAllThaDreamers
22.soooooooo_mania

ここからアンコール
23.ALIVE
24.StarlightDestiny

読んでくれて有難うございました、おやすみなさい
 

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

        

recent comment

archives

categories

profile

others

search this site.

        

links

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

To From(初回生産限定盤)(DVD付)
To From(初回生産限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
SOUL'd OUT,Diggy-MO',Shinnosuke,Shinnouske,レイ・パーカーJr.

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

Diggyism
Diggyism (JUGEMレビュー »)
Diggy-MO’,Ohga,LISA

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ALIVE
ALIVE (JUGEMレビュー »)
SOUL’d OUT,Diggy-MO’,Shinnosuke,Bro.Hi

recommend

recommend

recommend

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

sponsored links

mobile

qrcode