『僕らの街から』Vol.9☆1/23札幌ペニーレーン24☆Diggyセトリ

行けなかったけれど。セトリだけupしておきます
1.Sticky69
2.Wordrobe #6
3.STAY BEAUTIFUL
ちょっとMC
4.BlueWorld
5.JUVES
6.Lovin' Junk

Cali03 vol.3☆LABOR GROOVEセトリ

1.Be quiet
2.PAIN
3.HERO
4.DOTE

Cali03 vol3☆LABOR GROOVEレポ


LABOR GROOVEのライブが観たくて渋谷に行って来ました。
タイトルはレポだけど、今回も全く書けません。私的感想文、ですらないかもしれない…。どうだっていいことがほとんどです。
会場内で撮った写真も2枚程載せますが、何か不都合等ありましたらコメントでもなんでも言ってくだされば削除します。

なんとなく思ったんですけど、もう私Diggyさんのライヴに行ってもレポ書けないかもしれないなぁw
新たにKさんとMさんという素晴らしいレポ書いてくれる人が現れたから。とても嬉しい。私が書けなくなっても安泰ですw
私は、私よりも記憶力がいい人が好き。その記憶力の裏には、努力があることを知っているから。あと、アーティストに対しての誠実さがなかったら誠実なレポは書けないから。

まず基本事項
1/31(日) Cali03(キャリオースリーと読む)vol.3
会場:渋谷underbar
OPEN15:00  CLOSE22:30
LABOR GROOVEはスペシャルゲストとして出演

約4か月ぶりの東京。渋谷。
ハチ公前ではTBS番組のインタビューが。田舎者なのでこういうのに過剰反応してしまう。
そしてスクランブル交差点で迫力のある対向者にふっ飛ばされるというなかなか珍しい体験も出来ましたw

約4か月前も同じ会場だったので、迷わず行けました。
渋谷underbarは名の通り、地下にあります。JR渋谷駅から10〜20分くらい。めちゃくちゃ近くもなく遠くもなく。でも、あっという間ですね。

少し時間に余裕があったので花を買う。前回と同じ花屋。そして前回と同じメッセージ(笑)これ以外に何を書いたらいいのやら私には分からない(笑)このブログがなかったらもっと長文の手紙添えるんだろうけど…。
だって考えてみたら今までB'zにもDiggyさんにもそれ以外にも、一度もファンレターだって書いたことないからw
この短文メッセ―ジだけでも、自分には精いっぱいです…。

とてもささやかではあるけど、前回はエルさんが好きだと書いていた黄色ベースで花束を作ってもらったので、今回はどうしようかなぁと思ってチョコレートっぽいイメージで、と店員さんに伝えました。茶色とピンクの花で…と言ったら困惑する店員さん(笑)結局、紙をブラウン系にしてバレンタインのイメージでおまかせということにしました。

原則、再入場は不可なので(あくまで原則です…)受付の男性スタッフに花を託す。タイムテーブルが約10分程押している、という情報も頂く。
今回も、フォロワーさんお二方に励ましてもらいましたw気持ちが悪くなってくるくらい緊張してたので有り難かったです。
慣れてる人には理解し難いと思うけれど、これって私が異端じゃなくって実は普通だと思うんですよね。普通の感覚。近い距離やなんらかの見返りに慣れてしまってる人は、麻痺してしまってるだけだと思うんです。もしくは言葉は悪いけれどステージ観ること以上にその他が目当てだったり。
自分にとっては、だって普段毎日のように曲 聴いてる人がいる空間に行くんだから。B'zもSOUL'd OUTもLABOR GROOVEも、全く同じ。

その後 少しだけ色々見て時間を潰すはずがつい結構時間が速く過ぎてしまい会場入りがわりと遅くなってしまいました。
地下鉄ロッカーに荷物を預ける。¥300

そして勢いで入らなければ入れない渋谷underbarへ。
地下へ降りて行く。。社長、N村さんが丁度通りかかったりもしました。
少しして、オーガナイザーGANI-Gさんが何故かお礼を言ってくれる。もちろんお酒も入っている。きっと彼の人柄で、人が集まるんでしょうね…。

チケット代 LABOR GROOVE GUEST価格 ドリンク代込¥2000 
underbarはクロークは無し。受付横の20個ぐらいしかない赤いロッカーが幸運なことに少し空いていたのでコートを入れる。でも今になって思えば、なかに持って入れば良かったな…。異世界すぎて、入るまでどうしたらいいのかわからないんです。vol.1に比べてvol.3…今回は、既になかは人が結構沢山いた。
ロッカー代¥400 返還時¥100戻って来るので実質¥300
小さ目ロッカーなので大きい荷物は入りません。

で、怖すぎなんだけどなかに入る。音量かなり大きい。人も多い。vol.1 vol.2 vol.3と、どんどん浸透していってるんですね…。
DJブースでは☆KHLLさんが回している(多分
バーカウンターでドリンク引き換え。もちろんアルコールは種類多数だったけど私は運転が控えているのでオレンジジュースを。他にもグレープフルーツやパインジュースも有り。

爆音につき何を言っているのか聞えるような聞えないような状態だったけれどLABOR Cruさんにもお会い出来た。そして3月、4月の段階からお名前をご自身のブログやエルさんのブログ、そして最近ではTwitterでも相互フォローしていただいてるDDさんにも。分かったのは、帰りの新幹線のなかでだったんですけどね(汗)
そしてエルさんが来てくれて有り難いことに握手だかなんだかよく分からないものをしてくれましたw
私、未だに福井salaでのエルさんの登場シーン覚えてるんですよね。一瞬Diggyかと思ってしまったんですw
Capの上にフード被っていて。無言でサッと観客をすり抜けてステージに上がって。
(失礼だけど)Diggy目当てだったので全く期待していなかっただけに、かなり予想外にいいなって思いました。
やっぱり、イベントやフェスで観たなかでダントツ好きですねー。
以前はTheWhoやエアロスミスも観たけどwあ、でもOK GOはかなり好きになったんだった…w

N村さんがカメラをステージに向けている。
…ということは、今回は動画upをもしかしたら期待してもいいのでしょうか?期待してしまう。
会場内には煙草の香りも必然漂う。酒のビンを持って音に盛り上がっている人も。ライブで絵を描いている人も。完全に異世界。
…奇跡的に咳がおさまっててホント良かったなぁ。悪化もせずに済んだし。
無駄に色々と渋谷を歩き回ったので脚が筋肉痛ですけどねw(筋肉痛は個人的には大好きです

☆VOX
前回も(多分)観た方ですねー。活動休止前の、Hiさんを彷彿とさせる。今回も写真撮ってしまいました。
千葉から来た☆Tomomi
3人のママでラッパー。キャバ嬢?の経験もあるらしい。本当のことをリリックに乗せていくと。一度吐き出した言葉は呑み込まないと。
金沢から来た☆HALOGEN
デカイ人でした。(えっ…
ラップも、迫力がある感じでした。
ちょっと距離が離れたところに自分はいたので、髪型がどうなってるのか終始気になったなぁw
ライブステージ初見で好きになる確率ってかなり低い。Diggyさんとエルさんしかいない。

少しタイムテーブルに余裕があったからなのか、それともRIFさん準備の為かなぁ多分そうですね。
エルさん皮切りにフリースタイルを。「誰か続く奴はいないのか!」みたいなw

そして時間見てなかったから正確にはわからないけど、やっぱり19:20ぐらいだったのかな?
☆LABOR GROOVE
MC エルさん DJ RIFさん 二人組HIP HOPユニット。HIP HOPと言っても、あんまりそれだけではないような。音楽的にはもっと大衆性があると思う。私が好きになるくらいだから。

エルさんとRIFさんが眼と軽い頷きで合図し合って★Be quietでスタート。このピアノイントロ、凄く好き。早くアルバム聴きたい…。
畳み掛ける感じが、やっぱり1番2人の魅力が出てる曲だと思う。ど頭から**(別に伏せなくてもいいんだけど)までLABOR GROOVEのペースで。

RIFさんは私の位置からじゃ手元も見えなかったなぁ。ニット帽被ってました。
この情報要らないと思うけど、エルさんは黒系スニーカー。あ、出番の前には脱いで来たけどその前は迷彩柄の服を着てました。そしてあの1万円受注生産販売の碇のネックレス。さすがに存在感ある…。Diggyさんのよりも、もう少し男っぽい感じ。どちらも好き。

「ソウルメイター(ソウルメイトかも)、アキヒロ!
DJ RIF!」
赤いライトのなか、上からは白いライトが。暗闇と、赤と白のコントラストが綺麗です。
前回のvol.1では緑ベースだったけど、今回はずっと赤かったです。赤が似合うんだなまた…。熱と興奮を誘う色。


丁度ミラーボールの赤が薄れている時の写真かな?
それにしても私 写真撮る能力ないですw
ずっとB'zもDiggyさんも撮影禁止だったから…。<それでも撮る人もいるけど
写真や動画よりもエルさんは実際見たほうが大きいですw迫力があります…。

「いくぜ 3,2,1」
ここ、3,2,1ってやるのかっこ良くて好きです!

今、も1度 思い出す為に福井salaの観てるけど(観ても思い出せないけどw)、本当にこの曲かっこいいからもっと多くの人に観てもらいたいです。いや、この曲に限らず終わりまで観てほしい。

そしてRIFさんのPLAYから★PAINへ。この流れも好き。
1番最初に好きだと思った曲ですし!無理にじゃなくて、手を振り上げたくなる曲。
なんかまた、イントロで恒例?の格言らしきことを言いましたねwこの曲の前って何か言わないといけないんでしょうか?w
今回は付け足しで、俺も一度 吐いた言葉は呑み込まないから。ってw何やらかっこいいですねw

足元 見やがって舐めんじゃねぇ…

好きにやって何 悪いんじゃボケ…

抜粋するとすごいけどこの曲好きです。タイトルがPAINなのもいい。自由には痛みが伴うってことなのか。


何故かこの画像だけ、PC版だと迫力とデカさが半端じゃないです。なんでこんなになってしまったのか…w

ここでだったかなぁ。
Cali03 GANI-G誕生日おめでとう この間も言ったけどw
みたいなことを。
しかしもしyoutubeに動画がupされたら(もちろんもの凄く嬉しいけど)、私の記憶力の無さが露呈しますねww

そしてここで。
どこかできっとやってくれるんじゃないかって思ってた…。嬉しいです★HERO!
約10か月ぶりです。その間 聴いてる回数数知らず。さすがに歌詞も暗記してしまいました。
人のこと心のなかで心の外でも批判してばっかで言い訳ばっかで何も進めない。今の自分にもぴったりな曲です。不安でいっぱいの朝には癒してくれる曲。不思議なほど。
DiggyさんのBlueWorldも好きだけど、こっちのほうが直球だから。ストレートに沁みる。
同じ日 同じステージで聴けたPANDORA、今思えば豪華すぎた。。

「DJ RIF!!」
ずっとも1度 生で聴きたかったです。ここのRIFさんのスクラッチ。アルバムのなかで1番 グッときて好きなんですよ。

First step まずは踏み出せ一歩
お前はいつも俺ん中のHERO
心燃やせ情熱の火を
求め続ける俺だけのHERO
First step まずは踏み出せ一歩
お前はいつも俺ん中のHERO
答えはいつもテメェん中さきっと
追いかけ続ける俺だけのHERO

これ歌ってる時のエルさん、すごく嬉しそうでした。そう感じた。
「ネットで人をdisってるヤツをdisってる、そんな自分をdisってる曲でした」
かっこいいー!とフロアから声がw

そしてラストチューン★DOTE
これはエルさんが仲間に向けた、アンサーソングなんですよね。最後に相応しい曲。ちょっと寂しくもあるんだけど。
一期一会を大切にするエルさん。その姿勢はずっと変わらないんでしょうね。
「ソウルメイター(ソウルメイト?)アキヒロ、DJ RIF、そして兄弟たち、ありがとう。Cali03、これから色々ゲストとか出るんで楽しんでってください。」
みたいなことを。

今までの心配も (取っ払って!)
信じてる人生は (こっからって!)

・・・

どんな壁もきっと乗り越えて また酒飲もうCali03で!!

・・・

歩く道は違って当然 自分らしく生きてこうぜ
またいつかきっと何処かで

あっという間だったけれど、聴きたい曲が聴けて良かったです。やっぱり呆然としてる間に終わってしまいました…(笑)

***

またエルさん右手で握手してくれました。前回同様、熱かったです。今回は自分から握手してもらうのは控えようかなーと思っていたので嬉しかったです(笑)

今回は時間的にも日帰り出来そうで新幹線で帰る予定だったので、ここで帰りました。
エルさんロッカーのとこにも来てくださり、外に出たらそこにもいたので最後に有り難かったです(笑)
それと、エルさんブログ写真にも時々登場してるCruさんと、RIFさん。
RIFさんに「いつも聴いてます」ってようやく言えて良かったなぁ。それだけで満足ですw
…きっと私、もしもDiggyさんに逢えたとしても「いつも聴いてます」としか言わないんだろうなぁw

そういえば話は変わるけれどTwitterで最初に某*ぶさんから「ブログいつも読んでます」って言われた時、私 信じてなかったっけ…w今でも時々信じられなくなるし。某*ぶさんに限らずだけれど、わざわざ時間割いて読んでくれることが信じられない。訪問してくださる全員に、感謝の塊です。

渋谷イベント、直前まで迷っていたけれど、行けて良かったです!何よりHERO聴けて嬉しかったです。また頑張ろうって思いました。

昨日も書いたけどセットリストを。
1.Be quiet
2.PAIN
3.HERO
4.DOTE

読んでくれてありがとうございました!

SHINeeWORLD2016〜D×D×D〜★5/15京セラドーム★レポ

ティーティーさん、コメントありがとうございました。返信もさせてもらいました*

⭐⭐⭐

SHINeeのステージを観に、大阪に行って来ましたー❗
ステージを観る前の気持ちは、SOUL'd OUTを初めて生で見ようとする直前と近いものがありました。
ホント、楽しみだったー。「楽」という漢字の意味を、実感しました。久しぶりに。

SHINeeは好きだけれど、熱烈なファンというわけではありません。タイトルはレポと表記したけれど、どうだっていいことが大半の、ただの感想文です。詳細なレポは全く書けない…基今回はレポを書くという意思を持ってライブを観ませんでした。私が書かなくちゃいけない…それじゃなきゃ自分のブログ持ってる意味がない、と思ってるのは通常はブログサブタイトルにも名前を載せている、Diggy-MO'とLABOR GROOVEだけです。
もしSHINeeファンで検索で辿り着いて読んでくださる方がいましたら、ぬるい目で見てください…

今回は、色々な都合もあり、往復新幹線利用という超リッチ旅でしたwこんなん滅多にないよw大阪には今まで大体、節約旅が多かったからなぁ。電車だったり、高速バスだったり。少しでもお金を浮かせる為に、時間は惜しまなかった。Diggyのライヴの為なら、移動にどれだけ時間がかかったって構わないんです。生活に支障がない範囲なら。北海道からだって陸路で帰って来るよw

⭐⭐⭐

病み上がりな上、結局朝5時頃まで眠れず、大阪入りした頃には既にちょっと疲れてましたw
それに、大阪の暑さをナメてました…w日傘か帽子を持って来れば良かったなぁとちょっと後悔。

JR大正駅から京セラドームまで、1kmぐらいかな?歩く。懐かしいなぁ。以前はなかった、でっかいイオンが出来ていた。
入店したんだけど、めちゃくちゃ混んでました。全く休まらなかったですw



SHINeeのファンは、基本的には女性ばかり。
時々、男性も。割合的には30人に1人くらいかなぁ?
思ってたよりも年齢層が幅広いなぁと。あと、外国人の方も。
今までB'zもS.O関連も男性ファンが多かったので、こういう女性ばかりのライブは新鮮だった。でも、なんだか疲れたなぁw<単に慣れてないだけかも

開演の30分ぐらい前に、ドームに着きました。グッズはもっと早く到着してないと時間がないので買わなかったけど、魅力的なデザインでしたね〜。何せD×D×Dですからね。本当に、Diggyのグッズかと思っちゃう程 魅惑的だった…。

そういえば、私 京セラドームの誘導スタッフよりも、席に着くのが早いんじゃないかっていうくらい、得意なんですよねwだから、本当はもっとギリギリに会場入りしても間に合うんですけどね。
今までB'zで、6回参戦してるから。そりゃあ、SHINee見ながらも、B'zを、そこに立つ稲葉さんも思い浮かべました。

⭐⭐⭐

SHINeeWORLD2016〜D×D×D〜SpecialEdition
5月15日(日) 13:00開場 15:00開演
全席指定ペンライト付¥9800
4ゲート 58通路 3類上段 13列 24*、24*番

⭐⭐⭐

ほぼ1番後ろの席でした。つまり1番上。スタンド2Fというか、感覚的には3Fですね。一般発売後、随分経ってからチケット購入したから仕方ないです。私いつもギリギリまで、DiggyさんとLABOR GROOVEのライブがもしかしたらあるかもって、とにかくそれが最優先だから。
東京ドームの上もかなり怖かったけれど、京セラドームも怖かったなぁw正直観てる間中 怖かったですw前がいなかったので、余計に。フラッと落ちて行きそうな感覚になる。視界は開けてて申し分ないですけどね。SHINeeは遠いけどw



来場者全員に配られるペンライト。チケット代に含まれてます。このデザインが私的に気に入り過ぎて。。w
あ、私の指やニョッとしたジーンズの脚が写ってるけどお気になさらずです…(汗)
ペンライトの黒い持ち手部分のサイドにボタンがあって、1度押すと点灯、もう1度押すと点滅、更に押すと消灯します。
暗いなかでの、パールアクアグリーンが綺麗で…。何度見ても。ドーム中が、星のように揺れる光で埋まってる。
オウムの穏やかな時の色みたい。<ナウシカ
癒されます。
逆に東方神起(映像では数えきれないくらい観てる)は、オウムの来襲みたいだしなぁw<赤
興奮を誘う色。

私がSHINee知ったのって、何年前だろう?本当に何年前なのか思い出せない。
東方神起の弟分なんです。
韓国・5人組アイドルグループ。SMエンターテイメント所属。
数年前、待望の日本デビュー。以前日本で巻き起こった空前のK-POPブームには乗り遅れてしまったが、その実力とルックス、愛すべきキャラクターでファンを増やし続ける。

⭐⭐⭐

オンユ:(一応)リーダー。その歌唱力と歌声はSHINeeが他のグループと一線を画す要因になっている。私は初めてライブDVDを観た時から、オンユ(オニュ)が好き。今でも曲を聴く度に、好きだと感じる。天然和み癒し系。何故か人気がある。

ジョンヒョン:デビュー当時から、SHINeeのメインボーカルと言ってもいい。アイドル離れした歌唱力。オニュもそうだが。

テミン:韓国・日本共に人気no.1.ルックス・実力共に飛び出ている存在だが、マイペースなグループの中では末っ子(マンネ)的存在。皆に可愛がられている。
ダンスではメインで、華麗に舞うように、時に鋭く、見る者を虜にする。

ミンホ(ミノ):俳優業でも活躍するSHINeeきってのカッコ良さ。スタイル・運動神経抜群。体力凄い。サービス精神旺盛。その笑顔からは目が離せん…

キー:万能Key.日本語が1番上手で繊細な感性の持ち主。常に他メンバーのことを気遣っている。なんでも器用に熟す。

私は特別誰かのファンというわけではない。5人共それぞれ、魅力があるグループだから。
歌はオニュ、ダンスはテミンが好きだけど、俗っぽい言い方で言えば異性としてはw、ジョンヒョンが好きだ。

…前置き長かったなぁw何せレポが全然書けないものだからw
ほぼセットリストだけの感想を書きますが、触れるのは抜粋した曲のみです。

予定より15分ぐらい押したかな?<適当
始まりました。スクリーンからの流れで、SHINee登場。

メインステージ、サブステージ、メインからサブへのメイン花道、あとサブステージから4方向へ伸びる花道もある。
1番自分に近いとこでも肉眼では判別不可能。スクリーン見て服装覚えないと、誰か分からないっていう。
オープニングは★BreakingNews!これは嬉しかったー!D×D×Dか、これしかないかなぁって思ってたから。
わぁー踊ってる!というのが感想wだって映像では何回も何回も観てるんで…w
続いて★D×D×D.最新アルバム1曲目。ダンスが激しいらしいということは知っていたので見るのが楽しみだった。

ここで最初の挨拶だったかなぁ。違ってるかも。
少しづつ、日本語が上手くなってるなぁと感じる。
それぞれの髪型(髪色)を。
オニュ→茶髪。最初は前髪がきっちり降りてた。このぐらいのが好きだなぁ。
ジョンヒョン→ピンク。薄目のね。
テミン→金髪。去年より短め。
ミノ→安定の栗色。髪型をチェンジする必要がないのだ…かっこいいからw
キー→えーと、今回 黒っぽかったかなぁ。落ち着いた髪色だった

★Sherlock
今までMVやら韓国音楽番組やらライブ映像やらで数えきれないくらい観てる曲。こういう曲をMステとかで ばーん!と披露出来たらもっと人気爆発するのになぁと思ってやまない。そういう妄想は何度もしてますw
他の追随を許さないくらい実力no.1だと思ってるから、好きなわけで。
前半、聴いたことのない歌詞で歌ってた。今年のライブVer.なんですかね?それとも、ドーム4公演限定?情報ほとんど何も調べずライブ行って書いてるから分かんないんですw色々調べない方が、病まないんですよねw楽しさや聴けて嬉しい気持ちだけ持っていればいいというか…。Diggyに関しても、そこがテーマでもあります。色々な人の感情や意見…目にした分だけ自分がすり減るのかもしれないって…。
タイトル通り、シャーロックホームズをモチーフにした楽曲。内容も、振り付けも。
丁度スクリーン観てたら、ミノのキーさんを飛び越える、ジャンプを見逃したんだけど??w

★Stranger
この曲 やって欲しいって当日も話してたので嬉しかったです!もう、毎回定番化した方がいいと思う…。<定番化した方がいいと思う曲が多過ぎる
そして★Everybody
去年の東京ドームでは1曲目でしたね。激しいダンスナンバー。これはSHINeeにしか出来ないんじゃなかろうかw
ネジ巻き式の人形をイメージしたダンスも。操られて消耗しきってまた倒れる、みたいなw
オニュの超高速両腕回転が観れて良かったー!wしかし正面から見たわけではないので、ちょっと複雑でした…。

★View
可動式ステージでアリーナ後方まで。思えばこういう舞台装置(?)、B'zのMagicツアーで初めて見たっけ…。
★JoJo
このタイトルは個人的にちょっとテンション上がりますねw全然違う意味ですが。韓国の楽曲。私は大好きです、ライブでも盛り上がる。

SHINeeは曲間(着替えている)に流すスクリーンも魅力。歓声が凄いことになりますw
ここから4曲、ラブソングが続いた。
★SweetSurprise
しっとりと歌い上げる。ジョンヒョンの歌ってる時の表情が良かった。他のメンバーとは違うw
★KeepingLoveAgain
SHINeeのラブバラードで特に好きな曲。

そしてここからはソロステージ。ドームならではですね。
キーさんソロ。★Look book.後のMCで、BoAちゃんの曲だと知りました。

★Crazy
可動式ステージでジョンヒョン1人のみ、ダンサーも無しでスタンドマイクで歌う。ジョンヒョンソロ曲。1番は韓国語、2番は日本語で歌ったと本人によるMCで知りました…。全然何言ってるか聴き取れなかったなぁ(汗)私、わりと簡単な韓国語だったら結構分かるはずなんだけど…(笑)とにかくジョンヒョンは歌が上手い。難しい曲でも、シンプルな曲でも。

ソロコーナーの時点でかな〜り既に、立ってるのが辛かったですw貧血の薬もずっと止めてるし。
普段はラクな靴ばかり履いてるのに、昨日は不安定な靴(そんなのあるのか)を履いていったので余計にフラフラした。
何度かステージに吸い込まれて、下に落ちていきそうで危なかったですwあれですよね、以前さいたまスーパーアリーナでは、実際落ちた人もいるし。SHINeeではないけど。

そしてCapにユニフォーム姿で、ミノ登場!こんなカッコいいピッチャーもなかなかいないですよ…w可動式サブステージから、ファンに向けてボールを投げ、GReeeeNの★キセキを歌う。日本語が上手くなったなぁと。沢山、練習したんだろうなぁ。この曲の歌詞が、自分がファンの皆さんに向けて伝えたいことだからって。MCで言ってましたね。伝わりましたか?って。

続いてオニュソロ。去年は徳永さんのレイニー・ブルーを歌ったんですよね。BDにも収録されてます。
昨日は、★トゥーランドットでした。オペラの曲です。冬季トリノオリンピックで、荒川静香さんがフリーの演技で使った曲です。本格的な発声法を学んでいなければ歌えない曲でしょう。ジョンヒョンもだけど、もはやアイドルじゃないですよ…。

ラストはテミンソロ!満を持して、でしょうか?15曲目からソロって、順番覚えました…w
サブステージで、ピアノの上に立つ。のちに降り、ダンスも。やはり歌、ダンスのバランスがメンバーの中ではダントツでしょう。
両方とも兼ね備えている人って、いそうでいない。以前の5人だった東方神起でいったら、ジュンスがそうでした。どちらかだけなら、それこそ沢山いるんだろうけど。
完全テミンの世界へ引きこむ。カリスマ性がマイケル・ジャクソンを彷彿とさせるなぁなんて思ったり。以前はもっと可愛い系だったんですけどね。

ソロが終わりスクリーン。
花より団子のF4のパロディ。オニュの女装演技がなんとも言えない。。

★BoysWillBeBoys,★Replayとschool風な?曲が続く。Replayはアリーナ1番後ろに移動させたサブステージで。日本デビュー曲。テミンが舞うように踊る。この曲に限らずだけどSHINeeの曲って、ダンスする時メンバー間の距離がとても狭いのが特徴だと思う。絶妙なタイミングで場所も入れ替わっていく。仲が良くなきゃ出来ないんですよ、、以前何かの雑誌に書いてあったことだけどw

★3 2 1(スリートゥーワン)
ドーム中が盛り上がるなぁ。映像じゃ計り知れなかった。3,2,1って、ペンライトを持ってない方の指でやるのも楽しい。次のステージへ・・・・とにかく前向きにさせてくれる曲。

24曲目★DazzlingGirlって覚えましたw一昨年だっけ?日本でリリースされたシングル。爽やかで、これはSHINeeじゃなきゃ、なかなか歌えないと思う。ジャンプ禁止令が出てたけど、ちょっとドームが揺れてたと思うw楽しかった〜。

そして26曲目★Lucifer
今まで曲聴いたり、映像観た回数数え切れず。すいません、Diggyさんより観てるかもw
この曲が今回披露された中では1番歌えたなぁ。

★BurningUp
やたらと盛り上がるからライブでは定番化したのかなぁ。嬉しいけど。日本ぽい曲だなって。
初参戦だったわりに、盛り上がるタイミングも完璧な私であった…w
プライベートなことやファン事情には疎くても、CD聴いてる時間も長いし映像観てる時間も長いしなぁ…。Diggyさんで忘れかけてることかもしれない。なんていうんだろ、与えられた作品だけを楽しんでればそれが1番だよね、っていうか。望むとしんどい。それ以外のことを。
SHINeeも、第一線のファンは色々とあるだろうしなぁ。

そして。28曲目★Picassoって覚えましたwこれが本編ラストでした。最後弾丸のような、テミンのダンスに釘づけ。

SHINeeコールが続くなか、アンコールへ。★DowntownBaby
全員ダメージジーンズ姿だったかな?ワゴンでボール投げてくれたのもこの曲だったっけ?<もう記憶が曖昧
私がいた位置までは全然ボール、届きませんでしたorzあまりにも遠すぎた。。

これからもSHINeeは日本でたくさん活動をしていきます、というテミンの言葉やこれから披露する新曲紹介のMC.
タイトルだけ知っててバラードだと思ってたら違ったんですね。嬉しい誤算でした。
★君のせいで
想像以上にキャッチ―だし耳に残るし良曲ですね!今も残っています…。
久しぶりに、期待出来るシングルだと思います!やっぱり、曲に恵まれるかどうかって大事ですよね…。

ラストナンバー、★SingYourSong
最新アルバムD×D×Dのなかでも特に好きな曲です。ラブソングだけの、ラブだけでなくもっと色々に通じるような。ファンに向けて歌っているような。

数か所で最後に挨拶をする。サイド花道にも来てくれて、遠かったけれど嬉しかったです。テミンは早く終わりたいの丸わかりのハヤさwどんどん走って次へ急ぐ。やっぱ映像通りだなぁwキーはそれまでずっとカメラ目線でかっこつけてたのに、急に視線が動かなくなる。終わりが近づくと…。毎年ツアーファイナルでは泣いてますw日本語担当として、やはり色々なプレッシャーもあるからかなぁ。マイペースなメンバーが多いなか、メンバーを気遣い続ける。とても女性的だと思います。
そしてやっぱり、最後まで別れを惜しむかのようにファンサービスを止めないミノ。そういえば、キーさんの話によるとミノは途中でラーメンを食べたらしいですねw自分のソロが終わった後かなぁw信じられないくらい元気なんです。。

以上、「輝く SHINeeでした」
恒例の親指を上げて左から右へぐるっと移動していく挨拶?もドームのファンも皆参加して終了!
B'zでいう、「お疲れ〜!」みたいなものですね。
Diggyでいう、「ペイス!」?<ちょっと違う気がする

うーんテミンはやっぱり捌けるのが早かった…w気がつかないうちに居なくなってるw
ミノが最後までファンにアピール、そして感謝。映像通りでなんかいいなって思いました。ノリは軽いけど、絶妙なバランスのSHINee.
ライブに行けて良かったです!きっとまた行きます。チケット良席の為に、ファンクラブにも入るかもしれない…w

もっともっと、浸透してほしいなぁ。いや、ドームライブが出来るくらいだから充分浸透してるけれど、もっともっと。
私は所謂 笑顔を振りまいてくれるアイドルのライブに行ったのが初めてだったので(今まで稲葉さんとかDiggyとか極端に愛想がない人のライブばかり行ってたw)、アイドルのパワーって凄いんだなぁって思いながらも、もうアイドルは超えてしまってる、と公演中何度も思った。それくらい、SHINeeは素晴らしいです。輝き続けてほしい。

綺麗な優しい星のような、パールアクアグリーンをまた見たい。会場中の。
…随分ファンが、増えましたね。

SHINeeファンで読んでくれた方がいましたら、ぜひ私の本命(❓)DiggyやLABOR GROOVEのレポも読んでみてほしいです。
興味持ってもらいたいんです…。

⭐⭐⭐

帰りも凄い人だったなぁ。新大阪駅に着いても。この時期の日曜の大阪をナメてました…。半端じゃなく、混んでる。去年のSo,anywayの時に寄ったラーメン屋も生ジュースの店も凄い行列で。それどころか駅弁売り場やコンビニ的な店も…。
でも、もうすぐ完売しそうな駅弁売り場で買った、鳥南蛮弁当はとても美味しかったです❗でも、メニューにはなかったんだよね。。急遽仕入れたのだろうか❓
今度大阪行く時は、もうちょっと時間と体力がある時に行きたいなぁ。いつも思ってるけど。

⭐⭐⭐

SHINeeライブ、欲を言うならAmigoもJULIETTもTheSHINeeWorldもToYourHeartもRunWithMeもRingDingDongも聴きたかったなぁ。キリがないw
セットリスト
01.BreakingNews
02.D×D×D
03.Sherlock
04.Stranger
05.Everybody
06.WishfulThinking
07.Married to Music
08.View
09.JoJo
10.Your number
11.SweetSurprise
12.KeepingLoveAgain
13.MoonDrop
14.Love
15.Look book(キーソロ)
16.Crazy(ジョンヒョンソロ)
17.キセキ(ミノソロ)
18.トゥーランドット(オニュソロ)
19.Soldier〜One by one〜Press your Number(テミンソロ)
20.BoysWillBeBoys
21.Replay
22.Photograph
23.3 2 1
24.DazzlingGirl
25.WANTED
26.Lucifer
27.BurningUp
28.Picasso

ここからアンコール
29.DowntownBaby
30.GoodGoodFeeling
31.君のせいで
32.SingYourSong
読んでくれてありがとうございました!

“like if you like”名古屋ELL/梅田クラブクアトロ☆セトリ

Diggy 9/24,25セットリスト

間違ってたらすいません。

興味のある方だけどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9/24名古屋

01.クビライ・カーン
02.UNCHAIN
03.ハニーチュー
04.PSYCHE PSYCHE
05.LostOnes
06.DriftingAway

07.COME ON feat.Ohga
08.hurtt feat.Ohga
09.首都高2
10.BlueWorld
11.Wordrobe #6
12.YOYOY
13.Cap song
14.LaLaFUN
15.ルル・ベル
16.Sticky69
17.HeartacheJive
18.Ptolemy
19.ビヨルン
20.爆走夢歌
21.STAY BEAUTIFUL
22.ONE VOW

 

ここからアンコール
23.サムライズム
24.JUVES

25.Lovin'Junk

 

☆☆☆

 

9/25大阪

01.クビライ・カーン
02.UNCHAIN
03.ハニーチュー
04.PSYCHE PSYCHE
05.LostOnes
06.DriftingAway

07.COME ON feat.Ohga
08.hurtt feat.Ohga
09.首都高2
10.BlueWorld
11.Wordrobe #6
12.YOYOY
13.Cap song
14.LaLaFUN
15.ルル・ベル
16.Sticky69
17.HeartacheJive
18.Ptolemy
19.ビヨルン
20.爆走夢歌

21.COZMIC TRAVEL
22.STAY BEAUTIFUL
23.ONE VOW

 

ここからアンコール
24.サムライズム
25.JUVES

26.Lovin'Junk

レポはまた後日、書けたら書いてupします。

明日からハードな日々が続くので遅れるかも。

というか、書ける気がしません。

他のことで、心がいっぱいなのです。<もちろんS.O関連のことだけど

 

 


“like if you like”名古屋ELL☆レポ

Diggyのステージが観たくて名古屋に行って来ました。

今回の名古屋/大阪、今まで史上最高に覚えてません。

セトリは暗記してるけれど、所謂ライブ後のレポ書く為の努力ってやつを放棄してしまいました。今の今まで。

あ***さんの言ってたことがようやく分かったなぁ。

…いや、違うか。

色々と容量オーバーでなかなかPCに向かう気になれなかったのです。

音楽的なことや意味深長なことは皆無です。また後日 訂正・追加するかもです。

毎回書いてるけれど、タイトルはレポだけど内容は私的感想文です。どうだっていいことが大半です。

あ、でも、本当に私的なことは後日短いけれど番外編としてupしようと思ってますw本当にするかは気紛れで。

 

今回、私自身がレポを読みたい人は何人もいます。

書いてくれるのなら、だけど。

「 」の中の言葉は全てニュアンスです。もしくは私の思い込みです。

 

まず基本事項

Diggy-MO' LIVE TOUR 2016 "like if you like"

会場:名古屋ElectricLadyLand

9/24(土) 開場16:30 開演17:00

オールスタンディング¥5,700(税込)

 

緊張の中、大須観音駅に到着。

何時だったっけなぁ。

2番出口、3・4番出口は見通せる広めのスペースになっている。ロッカーが3塊ある。

300円/500円/600円

グッズとかは後で考えるとして、とりあえず一刻も早いロッカーの確保を考える。

300円のは埋まってしまったので500円スペースに。またグッズ買ったら再度入れようと思う。お金はかかるけど、この際問題ない。

500円ロッカーは1本傘も入れられる。良かった〜。

 

なけなしの勇気を振り絞ってグッズを見に行く。16:00は過ぎていた。開場前の販売は終了だそうで。

販売は開場後、もしくは終演後になるそうです。

 

今回、LABOR ELさんと社長と事務所の方もライブを観に来てました!

私にはそっちのが緊急事態レベルでしたw

1月以来になるけど、挨拶させてもらいました。

Diggyツアーのライブ会場に行くってだけでも緊張してるのに、ダブルで…w

でも、久しぶりにお会い出来て嬉しかったです。もちろん。

同じ日にDiggyとELさんを見れるなんて、去年の福井以来だからなぁ。そう考えると恵まれ過ぎです。

ELさんと会えてから、再度ロッカーを使いに行く。

で、物を入れたり出したりしてたらシェアさせてほしいと女性Cruが。開場ギリギリだったので、もう他に空きがなかったんですね。

時間が迫ってたのでとりあえず1,000円受け取り(←ロッカー500円)携帯番号を教えてもらう。

終演後にここで待ち合わせする。

開場時間超ギリギリに並ぶ。

 

会場入口には傘入れのバケツ?のようなものが用意されている。そして台の上にはDiggyへのプレゼント受付BOXが。プレゼント、ありました。

 

ケルさんが入場していく時、ELさんに教えてもらう。

緊張MAXでした…。

 

私は整理番号200番台でした。欲を言えばもうちょっと良番が良かったなぁw行けるだけで有難いとも思うけれど。

入場。ドリンク代500円

今回は小さなショルダーバッグ持参でした。途中でちょっと後悔した。やっぱり物はパンツのポケットに入れるに限る。ジャンプする時、バッグが周りの人に当たっちゃうんじゃないかって、気になったから。

 

セトリ予想をすると共に立ち位置も事前にシュミレーションはしてましたw

今回の名古屋は、隅でもいいから出来るだけ前に立つと決めてました。

So,anywayが結構後ろだったから。

 

そして下手ってことも決めてましたw

JUNKOOさん側です。

前から4列目下手、でも結構センターよりのいい位置に立てた。この番号なのに想像以上。

周りは男性Cruばかりだった。

 

結構良番の方々が後ろの段差に行く傾向でしたねー。見やすいから当然か。大阪でもそうだった。

私も、以前なら段差から2列目辺りが空いてたらそうしたんだろうなー。

でも、今回とにかく前に行きたくて。見え難くても人口密度が高めでも。

とにかくSo,anywayから時間が空いたから。

ステージの近くにいきたくて。Diggyの近くにいきたくて、少しでも。

 

後ろの2階席?(関係者席)にいるはずのELさん達を探す。結構何度も探す。ダメだ分からない…。というか、角度的に見えない。

 

開演時間まで、そんなには時間なかった。

最前列は18人ぐらいだったかなぁ。

ここELLは2011年のS.Oのツアーでも使用された会場なんですよね。私は行っていないけれど。

321でDiggyが、名古屋は数年前から一線を画す盛り上がりで…みたいなことをMCで言ったみたいですね。<私は途中棄権した為聞いていない

それって、2011年のELL公演ではないかと思います。

だから楽しみにしてました。

この会場に決まって。

 

いつものごとく…でも久しぶりのほの暗いステージを見る。

下手から、キーボード、ドラム、ベース、パーカッション、ギターの配置。

アミーゴがステージに。

黒のノースリーブTシャツ。

数日前のTwitterでのやり取りを思い出したけれど、さすがに靴は見えなかったなぁ。

 

アミーゴが軽く電子ドラムらしきものを叩く。

そしてオープニングのBGMらしきものは今回は、BGMと言っていいのかも分からないなんとも言えない音。

宇宙が舞台の、シューティングゲームみたいな。

スター・ウォーズの影響なのだろうか。

音が大きくなる。

アミーゴ以外のバンドメンバーが上手から登場。ほぼ開演時間通りじゃないかなぁ。

去年のSo,anywayより、篤志さんの髪型が長めでかっこ良くなってた!

 

☆☆☆

 

Keyboard:JUNKOO

Guitar:篤志

Bass:櫻井 陸来(ロック)

Drums:田中 温之(あつゆき)

Percussion:アミーゴ

 

☆☆☆

 

Diggy-MO'

 

☆☆☆

 

上手凝視。

Diggy登場!

久しぶり過ぎるけれどすぐに思い出すこの感じ。

待ってたんです…。ずっと。

 

☆Diggy-MO'

TOUR2016キャップWHITE:去年のRideSoloCap BLACKとWHITEみたいな違い。

つば裏は赤。バックは中央にJUVE-ISMとピンクの文字が。途中までライトの影響もあり色が分かり難くて赤かもと思ってたけど、やっぱりピンク。<某こぶさんもそう言ってた気がする

黒にピンクって映えるし可愛いなぁ。

左耳にピアス。首元には碇のネックレス。右手に腕時計。<キラキラ輝いてた

関係ないけど因みに、今回私は初めて腕時計して参戦しましたよ!w

あ、違う。321でもしてたじゃん…w広島〜名古屋ではしてたと思う。ネイビーの、今はもうないけれど。

もちろん私も右です。

左には黒のレザーブレスレット。グッズと同じ?金具が少し違うんだっけ?でも同じに見えるなぁ。

グッズのブレスレット、7,000円かー。やはり高い。そりゃあ欲しいかいらないかっていったら欲しいけれど。<当たり前

でも、私だと緩くてブレスレットの魅力が半減しそう。基 似合いそうもない。やっぱり男性用だよなぁとも思う。

実際、2人のCruさんがしてるのを生で見ることが出来た。近い距離で見れるなんて、なんて贅沢な体験。

白の七分丈シャツ。深めのボタンを開けているけど、第2ぐらいまでしかないタイプ。中には黒のタンクトップ。<多分

黒ベルト。左側が少しダランと垂れ下がってる。腰にもじゃらじゃらと何やら付けている。黒パンツ。黒い靴。<Anniv122のような

 

1曲目は新曲なのでは?って、根拠もなく思ってた。

DIG ITみたいに。

1曲目◆クビライ・カーン

意外なはずなのに、すぐに納得というか 上手く言えないけど ああそうだよね…って思うから不思議。

「戦う眼が」にこれからも注目してしまうだろう。

So,anywayのように、diggidiggidiggidiggidiggidiggidiggidiggi 高速で。

listenin' to youからの歌詞カードには載ってないDiggyから発せられる言葉。名古屋/大阪と違いに気付けなかったので東京こそ集中して聴きたいです。

去年と順番逆、◆UNCHAIN

クビライ・カーンの後にPEOPLE,WHAT YOU DO?!か…。

何にだってなれるオマエ 捨て去った恐れ

 

今回も篤志さんのギターがこの曲の印象の大半を占める。それぐらい効いてる。

アミーゴの不思議な音から◆ハニーチューへ。

何故にT*SUさんが泣いたのか謎w

まぁライブではたまに訳分からない感情が引き出されたりするもので…。

人それぞれなのも興味深いです。

左手で数回、花がハラハラと散っていくような仕草を。

 

no.1 no.1 no.1 no.1に合わせて人差し指を上げるのを推奨しますw自由ですけど。

 

去年に続き dun ti ta ! が聴けて嬉しい。こことMUZiiKFVCKの オマエの呟きは問題じゃねぇ のみ音源を追い求めてる。…いや、違う。もう1か所あった。

ラスト、ハニー♪が終わった後 去年みたいに生ハニー♪が聴けるかなぁと思ったらなかった。やってくれるとしたらここ名古屋のみだと思ってたのでちょっと残念。

 

◆PSYCHE PSYCHE

イントロ。D「櫻井陸来 on the Bass!」

新しいCandyくれ 2コ目

ここ無意味にテンションあがっちゃうなぁ。

Diggyもやってくれたと思う。

この曲だったかな?

横振りのスピードがDiggyはゆっくりでCruはいつも通り速くて、定まらなかった。

ケルさんの手が丁度終始視界に入る位置だったので、真似をしたら安定した。

…もう、そんなにいないのかもしれないなって、なんとなく思った。

ライブの楽しみ方なんて人それぞれ自由で、でもそれがいいなって思えて見て安心する人なんて今後何人いる?

それからは、Diggyの3peaceと同時にケルさんの3peaceも見る。(というより自然に見えた

どちらともブレがない。

 

序盤できました◆LostOnes

So,anywayでは決して薄くはない水色のライトが印象的だった。

今回は、赤。

サビをアレンジしていて、特にカッコいい。赤いライトが相まって、Diggyが更に大きく感じる。

水色と赤で、こんなに印象が違うものなのか。

UNCHAINとLostOnesは、とにかく自分の手の動きに命を懸けてるというかたまに間違えるから懸けてはないけどw

これがまた難しいんです。

分かる人いるかなぁ?w

 

お金を表すゼスチャーもしてましたね。

皮肉なのか。

どうしてtFNにこの曲を入れたの?

回答はラジオでも聞いてるけれど、Diggyらしい。こちらに考える余地を、残し続ける。

 

◆DriftingAway

イントロ。D「JUNKOO on the Key!」

更に速くなったなぁ。

でも いいかも いいかも それもいいかも 便利かも Arh !

…表す文章力がない。

2番サビで音源以上にゆっくりになる。

そしてまた間奏で高速。

 

D水飲み。ここでようやく一呼吸。

「名古屋ー!帰って来たぜ!」

 

歓声。私も嬉しかった。

 

「Yeah〜〜!女ども〜〜!」

 

…ん?次は野郎ども??w

 

「俺の子供産んで帰れ〜〜!」

 

…Diggyさんパワーアップしましたw

 

妊娠させるだけじゃなくここで産んで帰れとw

 

自分で言っといて笑い(名古屋ではありがちな光景)、バンドメンバーももちろん笑っている。

 

今回、白シャツの左側だけインしているという不思議な着こなしをしていました。

絶妙なタイミングで、徐に自分のベルトの辺りを触る。

これからベルトを緩める、という演出ですw

どちらかというと男性Cruから歓声が上がるw

 

「ばかやろうw」

 

自分で言い出したくせにw

こういう締め方も上手い。

 

☆ ☆ ☆

 

いつものごとく大体情報に疎くて@新幹線ツイート見てなかったので予測してませんでした。

なんとなく、名古屋/大阪は誰も来ないだろうなぁとか思ってたり。

 

Ohgaさん登場!

と、いうことはあの2曲ですね!

このバージョンを初めて聴いたのは去年の福井PANDORAでした。◆COME ON feat.Ohga

Ohgaさんパート、ラップの緩急とかは覚えてるんだけどなー。文字には出来ず。

JQさんパートはDiggyが。これはもうほとんど歓声起きませんね。

去年の梅田Zeelaでの**さんとほとんど上手さが変わらない気がしますw

 

COME ONが終わり、Ohgaさんと肩を組み、そしておでこにKiss(笑)…あ、おでこじゃないや、頭にKiss(笑)帽子は被ってない頭に(笑

◆hurtt

Ohgaさん、鳥歩き健在。この曲の会場の雰囲気、毎回好き。

 

ただでは帰らないOhgaさんw

JUNKOOさんとまた絡むのか?と思いきや前に行き

「一言だけ言わせて・・・・・・(これだけ言わせて、だったかも)、ピスタチオ」

 

予想通りの言葉だけど笑いが起こる。

捌けたのに、まだステージ袖にいることは明白のOhgaさんw

Diggy先導のOhgaコールに戻って来る。

再び前に出て嬉しそうw

O「豆でこんなに盛り上がる場所なんて、ここだけだぜ」

Diggyと拍手により、ようやく今度こそ捌ける。毎回 楽しい時間です。

 

Ohgaさんが減るだけで、ステージの透明感が増したように見える。いや音のせいか。瞬間 分かりました、◆首都高2

去年で言うとベイセレの位置ですね。

 

水色寄りのブルーのライトが綺麗。こんなに寒色が似合う曲だったのか…。

不思議と前までそうでもなかったのに、今回のライブでは冬が思い浮かんだ。B'zで言うと、SNOWの雰囲気かなぁ。

歌詞聞き取りをしたいのに、泣きそうで言葉が全然入って来なかった。

泣きそうになるのに、理由なんてないのだ。好きだと感じるのみ。

1番サビ終わった後のストリングスパート、ライブで聴くと、ステージにDiggyがいると…更に迫ってくる。

 

2番サビが終わり、ruffmixdemoではここで終わりだから習慣でふと寂しくなる部分を通り抜けて…Diggyのピアノ。

ここでのみ活躍。去年のSo,anywayも名古屋と大阪はそうでしたね。

下手にいると、ピアノを弾いてるDiggyの表情を見ることが出来る。こっちに立っていて良かったと思った。

首都高2は、なんだろうな…。稲葉さんでいうとTouchかなぁ。<どうでもいい私的文多過ぎw

特に、間奏のピアノがね。

人生においてのハイライトの夜というか。

自分を変える上での、舞台。

たたたん たたたん たたたん♪

音が上がるとこが好き。

DIG ITで初めて聴いた時から、当時発売前だったLJよりも気になったし好みだった曲。

ずっと焦がれてる。

時々ライブで聴ける。儚いプレゼントのように。

もうそれでいいじゃんっていう気がしないでもない。…いや、ちょっと書いてみただけだけどw

だってまだ覚えてるから…Diggyが奏でる、間奏のピアノ。

最後スクリーンが スッと消えるような KISS

 

◆BlueWorld

この流れはなー。名古屋の通りだったら、東京では涙腺がピンチかも…。大阪は、ここの曲順は同じだったけどちょっと入りが違ったから。

ブルーのライト。無垢でいて、哀しみを知ってるような。綺麗だった。

 

2番サビが終わってお経パートに入る前の箇所、やっぱり鼓動みたいだね。

それでいて、海の中にいるみたい。

 

もう10回 チャレンジ

で上げた左手をグーに。

 

i can がなんでこんなに優しく聞こえる

 

あと1回 チャレンジ

で左手 人差し指を伸ばす。

 

アウトロは1月のペニーレーンと同じ感じだと思う。

 

曲終わって、D「あいがと(ありがと)」

 

拍手。

ここであげます。読んでくれて有難うございました。続きはいつ書けるかな…w

 

 


“like if you like”名古屋ELL☆レポ

Mちゃん(必ず感想送るので、もうちょっと待ってね)、kerさん、Kobさんコメントありがとうございます。返信もさせてもらいました*

 

☆☆☆

 

,梁海です。

ここから第2部が始まる…という感じ。

◆Wordrobe #6

赤いライト。

2番hook終わりのJUNKOOさんの低音ピアノ、以前と変わってたな。初めて聴いた。より複雑に。

紅 引き直して Cry

左手親指でクッと引き直す。

歌いながらなのに、どうしてこんな雰囲気を出せるんだろう。

 

1度しか聴いていないのに、何故かすぐに◆YOYOYだ…って思ったよ。音っていうよりも、空気、なのかなぁ。光が立ち昇るような。

中盤にくるのも悪くない。

イントロで光の中、爆音が迫ってくる感じ。でも高圧的ではなく、何故か優しく爽やかにも感じられて…。歌詞なんか分からないけど、「轍」とか「希望」とか。そんなものが思い浮かぶ曲。

ライトは白と黄色と金色が混ざったような…。

今までの(音楽)人生を長い1日に例えるなら、それを越えようとした先に見た朝の光のような。

 

So,anywayアンコールで聴いた時とはまた少し印象が違ったなぁ。

Aメロ、Bメロ(あったか怪しいけど)こんな軽やかで明るかったかなぁ。言葉数も消して少なくない。

「遠い青」

BlueWorldとやっぱり繋がってるというか…同じ人間から発せられるんだから、全てどこかで繋がってるんだろうけれど。

ワイオーワイオワイ…

2回目のオで音が上がる。

次のアルバムでは、BlueWorldのような位置づけになるのだろうか。

 

短いけれど眠たいのでここで区切りあげます。読んでくれてありがとうございました。また後日〜!(書けるのだろうか?

 


“like if you like”名古屋ELL☆レポ

△梁海です。

B'z LIVE-GYMのメンバー紹介を彷彿とさせる音。

バンドメンバーの紹介タイムかな?と思いきや、◆Cap song

Aメロ歌い出し、音源よりも抑える感じが好き。

メリハリがあり1曲通して夢中。

今回は、誰もフライングしませんでしたね!名古屋見事。

皆凄い集中力でDiggyの躍動や息使いを感じている。

D「ベイベ lookin' good」Cru「ベイベ lookin' good」

D「ベイベ lookin' fine」Cru「ベイベ lookin' fine」

D「ベイベ lookin' cute!!」Cru「ベイベ lookin' cute!!」

曲が進むにつれどんどんやり取りが楽しくノッてくる。

Diggyのアイコンソング。

相棒や恋人であるかのように、自身の象徴について歌う。

明るい曲なのに、孤独も感じる。

Diggyから離れていったもの。

そんなことが思い浮かぶ。

nアッnアアッnアッ nアッnアアッnアッ

必死で集中するけど聴こえないって…。

もうちょっと音量上げて喘いでくださいよDiggyさん…w

ライトは赤。

 

ええと。

crown me king caps on〜

私はなるたけ速めのクラップしたよ!あまり周りは気にしない。

 

ベーコンパート、ずっと聴いていたいほど心地いい。

アウトロが永遠に続いてほしいと思った。

 

短いけれどあげます。読んでくれてありがとうございました。続きはまた、明日か明後日に。

チケット発券、いつ行こうかなぁ。今回の東京は、*と*ちゃんが良番を願ってくれてるから楽しみなんだ…。

そしてファミマでファミチキを買うのもw<チキン大好き

おやすみなさい。

 


“like if you like”名古屋ELL☆レポ

の続きです。

去年は逆だったんだけど、この流れもいいですね。Cap songでフロアの温度が上がった後での、◆LaLaFUN

こういう2曲って、Diggyさんが得意とするところなんだろうなぁ。言葉を選ばないと、人間臭いというか。黄色とオレンジのライトがとてもいい。肌みたいに温かい。

ロヤさんの今までのレポが思い浮かぶのは必然。確認するように。

La La FUNの後のシャウトで、タオル投げてる人は私の視界にはいなかったなー。この時点で前から3〜4列目と、あまりにもいい位置にいたのであれだけど。

DIG ITで見てカッコ良かったから、私もいつか投げたいな〜。逆にイベントの方が気軽に出来るかもしれない。

タオルといえばあの、ラストライブ0のフーチークーが忘れられません。ロヤさんも投げたということだけど、映像にも映ってないですしねw

 

1,2ってやるの相変わらず楽しい。

タオルこそ投げられなかったけど、La La FUN後のシャウトもどんどんノッていく。

楽しもうじゃなくて、気づけば自然に楽しい。

あと2回もライブ見れるなんて幸せだと思った。

 

またしてもやたらと短いけどあげます。読んでくれてありがとうございました。

明日はチケット発券に行こうかなー。夜、余力があったらね…w

 

 


“like if you like”名古屋ELL☆レポ

数時間前、すっかり油断しててネタバレツイートしてた…。危ない危ない(笑)

って今更ですけどね。

呟きたい時に呟きたいことを呟くのがtwitterだと思うけど。どうなんでしょうね…?

とりあえず、東京が初参戦のフォロワーさん6名のことを考え消しましたw優しい私。←自分で…

というか、本当に今更ですねw

私は個人的には、じゃんじゃん具体的なことツイートしてくれる人が好きだしなー。そりゃあね。

でもそれは、自分が名古屋・大阪と参戦出来てるからこそ言えるわけで。

…まぁ、ここからは書くのやめておきますwろくなこと書かないので。

決してネタバレが悪とかそういう主旨ではないです。

むしろ言いたいのは、その逆のこと。

私だったらこうする…っていうのは、明確にある。

 

☆☆☆

 

い梁海です。

Cap songを聴くと、こっから盛り上がるぞ!っていう気持ちになるんですよねー。火がつくというか。LaLaFUNと続き次は何かって楽しみ。

 

聴き慣れてるのにすぐにタイトルが出てこない。短いイントロに一人焦って考え続けた。

◆ルル・ベルだ!!って思った時にはもう既に歌い出してた。ここ半年くらい、3日に1回は聴いてる曲なのに。あまりにも予想外というか不意打ちだと思考停止しちゃうものなんだな…。おかげで要チェックな2箇所、聞き逃しちゃったよ。大阪に持ち越し。<課題

うーん盛り上がったなー!名古屋のルル・ベルは、みんな歌うね。特に名古屋は他とは一線を画してるんだよ…。<生粋の名古屋贔屓

でもどこというわけでもなく、一瞬にして321に戻ったみたい。そんな錯覚。

解散したけどずっと聴いてたよ。聴く度ライブを思い出しては楽しくなって、すぐに虚しくなって。

だから色々違ってたとしても、やっぱり嬉しかった。

もう、DIG ITでand7を聴いちゃったから、正直なんでもありですねw可能不可能っていう枠は、もちろんあるだろうけど。

 

時間が止まったはずの…曲を形成するメンバーがいないはずの曲をDiggyのライブで聴けるということ。

これからもどう感じるか、賛否両論あるんだろうな。

自分に沿う人 沿わない人、その感じ方に触れること自体 私は好き。

 

Dennim のパンツだって Low waist!

懐かしいなー!

 

Hook、321とほぼ盛り上げ方が変わらないね。手首から90度反らし天井を押し上げるような。これ好き…。

Hook終わってそのまま3rd verseに。パイセンやVOODOO〜と同じ流れね。

ルル・ベルだー!って喜んでたのにふと冷静になる瞬間もある。

YOYOYO!!がライブで完璧に言えそうで喜んでたのに、パートがあるはずもなかった…。Hiさんがいないんだから。

2つの感情の狭間、2014年のUNITYみたい。

実は今でも、自宅でルル・ベル聴いてライブでの盛り上がり方を練習してたという…w

321の名古屋すごかったから。近づきたくて、あの中に入りたくて。

忘れっぽいからすぐ、解散したこと忘れて最高潮に聴いちゃう。

その繰り返しだよ。

 

☆☆☆

 

3カラット とか 二人きりなら

とか楽しいですねー。

GUCCI,LV…って 人差し指、中指って増やしてくのも。ケイトやエマといっしょですw

そういえば、2005年頃って今より、GUCCIやLV持ってる人(特に若者)多かったですね。

 

あ!

For real??!言ってたかどうか覚えてない!

基 自分が盛り上がり過ぎてろくに聴いちゃいない…w

Diggy関係なしにこの辺 歌っちゃってるからなぁw

 

☆☆☆

 

アミーゴさんのリハツイートに、セトリらしき曲名が書いた紙が写りこんでたんですよ。以前。

クビライとS.Oの文字が判別出来た。あともう1曲は内緒ですw

というか、私24日の未明か朝に、自分の予想みたいにツイートして完全に滑ってますけどね…w

クビライ・カーンで始まったことだけは、当たったように見えるかもしれないですw

S.Oの中から1曲だと思ってたんですよねー。去年の名古屋と大阪はそうだったから。で、Stickyかと思ってた。疑いもなく。

ルル・ベルの最中 予想が外れたー!ってどうでもいいことも考えてましたw

必ずStickyはやると思うので、S.Oから1曲じゃなかったな〜!って。

色々な感情で、感激して泣いてるCruさんもいるだろうに、私は…。どうでもいい予想のことなんか考えてる。

ライブ中ずっと定期的に考えてるんだから、セトリ予想するのも良し悪しだなぁ。B'zの頃からの癖なので、抜けない。

 

☆☆☆

 

すぐに反応出来ないくらい戸惑いも凄いけれどとても嬉しかった。DIG ITから変わらない、私の感想。

これからもライブでS.Oの曲を更新し続けてほしい。

でもやらなくたって、1mmもがっかりしない。Diggyの曲が好きでライブに行くんだから。

 

読んでくれてありがとうございました。また続き書きますね、きっと。

やばい、twitter見て泣きそうになってる場合じゃない…w

こんな情緒不安定じゃ、やっぱり重すぎる。

もっと軽やかにいきたいものですw

なんかもう、嫌だなぁ…。色々比べては、落ち込むなんて。負のスパイラル。

けど一体何に勝つために、生きているというのだろう。←だから重すぎる

 


| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

        

recent comment

archives

categories

profile

others

search this site.

        

links

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

To From(初回生産限定盤)(DVD付)
To From(初回生産限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
SOUL'd OUT,Diggy-MO',Shinnosuke,Shinnouske,レイ・パーカーJr.

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

Diggyism
Diggyism (JUGEMレビュー »)
Diggy-MO’,Ohga,LISA

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ALIVE
ALIVE (JUGEMレビュー »)
SOUL’d OUT,Diggy-MO’,Shinnosuke,Bro.Hi

recommend

recommend

recommend

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

sponsored links

mobile

qrcode